憧れの人

 

surprise-1659494_1280

 

もう、10年以上も前の話。

僕が産直店で働いていた時のこと。

 

当時、何をやっても続かない堪え性のなかった僕は、

何か仕事でイヤなことがあるたびに、、

 

「あぁ、この仕事おもしろくないな。

 俺がやりたいことは、もっと他にあるんちゃうか?」

自分の人生について、考えていることが多かったです。。

 

…そんなある時のこと。

 

「何がキッカケだったか?」

は忘れたのですが、自分の中でのモヤモヤが膨らみ、

「このまままじゃ、アカンわ」

となって、ある方に自分の人生について相談したことがあるんです。

■憧れの人

ある方っていうのは、当時産直店にお野菜を販売しに来てくださっていた生産者Aさんです。

 

京都の丹後に在住。

販売のある土曜日になると毎週、車で3時間以上かけてお店まで来られていました。

お野菜はもちろんのこと、そのお人柄からファンの多い方だったんですね。

 

そのAさんの来られる土曜日には、お客さまの行列がお店の前にできていました。

…そんなファンの1人だった僕は、販売終了後、青木さんに話を聞いてもらったんです。

 

「仕事に全力を傾けれない、、、

 どうしたらいいんでしょう?」って。

 

話を最後まで聞いてくださったAさんは、

僕に、ある1つのエピソードを話してくれました。

■めっちゃ腹立って、、、

こないだ、こんな事があったんやけど。

 

仕事の手伝いをしてもらってる、近所のおばあちゃんに、にんにくの整理を頼んでん。

収穫したにんにくの茎をハサミで切ってもらう、

その作業やってんけどね、

そのおばあちゃんが、やってしもうてね。。

 

茎のところから、ぶっつりハサミでで切ってしもうて、、、、

そのにんにくが商品にならなくなってしもうて、、

何十万も損してしもうたわ。

 

もう、その時めっちゃ腹立って、

「何やっとんねん!」

って、おばあちゃんに怒鳴ったろうか、って思ってんけど。

ふと考えたら、、

 

めっちゃ腹立つけど、

今ここで、おばあちゃんに怒って。

そのおばちゃんが、もう手伝いに来てくれんようになったら、、、

そっちの方が、もっと怖いわ。。

そう思ってね。

 

っで、そう思ったら、なんか、ものすごい大したことのないような許せる気になってね、、、

 

…っと、こんな話をしてくださったんです。

 

その話を聞いた当時、僕は、たぶん目をパチクリさせながら聞いていたと思うんです。

そのお話の真意を理解していなかったと思います。

 

だけどね、それから10年以上経って。

最近になって、何となくだけど、少しかもしれないけど。

その話の意図を理解できるようになったんです。

■怖いのは、こっち

娘の話で恐縮なんですが。

たとえばね、彼女と一緒に何かの勉強をしてるとき、

途中で彼女が飽きてきたり、うまくデキなくて、集中できなくなってくるんですよ。

座っているのもしんどくなって。

 

そこでね、

「最後まで、やってしまわな」

「ちゃんと、やらな」

って、強く言いそうになるんですが、ふと、先ほどの生産者Aさんのお話を思い出して。

 

ここで無理して、勉強が嫌いになる、

そっちの方が怖いんちゃうん?

 

そんな事を思うようになったんです。

 

興味さえ持ってくれていたら、 どこかでまた、

「勉強をしたい、学びたい」

ってなるかもしれないけど。

勉強のそれ自体を嫌いになってしまったら、、、

■仕事も同じじゃないか?

あと、これって、お店での従業員さんとの関係にも当てはまるんじゃないか、と。

…給料を払っているのだから、

しっかり最後まで責任を持ってやってもらう。

 

子どもと話を一緒にするのは、おかしい。

っていう考えもあるけれど。

そもそも、従業員さんが、

  • 仕事自体へのモチベーションを失くしてしまう、、、
  • 仕事への情熱を失ってしまったら、、、

一体どっちがお店へマイナスなんだろう?

そう思うわけです。

 

…まぁ、甘いことを言っています。

 

ただ、いつも言っているように、想いやモチベーションがあれば、後からスキルは身につけられます。スキルUPもできます。

 

…しかし逆に、いくらスキルがあっても、想いがなくなれば、そこで終わり。

あとに続かないのではないでしょうか?

 

答えを急いで求めるがあまり、 ここの順序が逆になってしまう、、、

そんなケースって、意外とないでしょうかね?

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。