キャッチコピーが思いつかない?…だったら、こんな風に考えてみれば?

 

primate-1019101_640

 

 

キャッチコピーの重要性は、多くの方が実感されていると思うんです。

いろんな本とかにも載ってたり。

専門家の方もよく言ってますからね。

 

一方で、

「キャッチコピーが思いつきません」

そう言われる方が多いのも事実です。

 

手書きPOPを書こうとしたときに思いつかない。

POP自体を書けなくなってしまう。

そのうち、POPを書く意欲自体も停滞してしまう。

 

うーん、何とももったいない状況ですよね。

 

そこで今日は、手書きPOPを書く時にキャッチコピーはどうやって考えればいいのか?

そのあたりの話を一緒にみていきましょう。

1番はじめに考えるのは、何?

あなたが手書きPOPを書こうとしたときに、

1番初めに考える。

書き始めるのは、何ですか?

 

メッセージ?

商品名?

キャッチコピー?

それとも、その他?

いったい、どの項目から書き初めますか?

 

…僕の経験からいえば、圧倒的に多いのは、

そう、キャッチコピーです。

 

セミナー受講者や会員さんなどからお話を聞いてきた感じでいうと。

手書きPOPを書き始めるときに、キャッチコピーから考える。

このパターンがほぼ大半です。

相談を受けた、8割から9割の方がそのようです。

 

…っで実は、ここが今回の話のポイントで。

 

手書きPOPを書こうとしたときに、キャッチコピーが考え付かない。

思い浮かばなくて困る。

POP自体を書きたくなくなる。

そんな方は、ほぼ99%キャッチコピーを1番に書こうとしています。

 

実はここが、キャッチコピーが思いつかない原因でもあるのです。

キャッチコピーを1番に書くのは危険

僕は、キャッチコピーを1番に考えるのをオススメしていません。

 

一昨日もある商工会さん主催の手書きPOPのセミナーをさせてもらってきたんだけど。

そこでも、

「キャッチコピーを考えるのが苦手な方は、1番(はじめ)に考えなくて良いですよ」

という話をさせていただきました。

 

たとえば、手書きPOPに必要なもっと他の要素。

メッセージとか、ありますよね。

そこを考えてから、キャッチコピーのことを考えて良いよ。

という話をしました。

 

キャッチコピーはもちろん、手書きPOPでも重要な要素の1つ。

(もちろん、これが全てではありませんが)

だからといって、1番に考えないといけない。

1番に書き始めないとダメ。

なんて事は、ありません。

もしかしたら、この無意識的な考えがジャマをしているのかもしれません。

手書きPOPに苦手意識を持たせている、その1つの要因かもしれません。

 

 

…もしも、あなたが手書きPOPの悩みの1つが、キャッチコピー。

キャッチコピーを考え付かなくて困っている。

手書きPOP自体を書く意欲も停滞する。

 

そんな状態だとしたら、その考える順序をずらしてみる。

ここをお勧めします。

キャッチコピーが重要だからといって、何も1番に考える必要はないんだから。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。