効果を2倍にアップさせる、手間もかけずにデキる、その方法。

group-1013594_1920

 

手間もかけずに、

あなたの手書きPOPの効果を2倍にアップさせる。

 

…なんとも、胡散くさいタイトルから今日も入ってますが(笑)

 

でもね、これ、嘘でも何でもないんです。

本当のことです。

 

手間も、時間もかけずに、

あなたが書かれる手書きPOPの効果を倍増させる方法があるんです。

 

…お聞きになりたいですか?

 

ただ、1つだけ、この話には条件があって。

それを満たしていないと、ちょっと厳しいんです。

手書きPOPの効果を倍増させるための条件

ただ1つ、今日の話には、条件があって。

 

それは、何か?というと、、、

「あなたのお店に、スタッフさんはいらっしゃいますか?」

ということなんですね。

 

もしくは、もっと違う言い方をすれば、

仮にスタッフさんがいなくて、個人。

お一人でご商売をされていらっしゃったとしても、

「あなたの他に、手書きPOPを書ける方はいるか?」

ということなんですね。

 

要は、手書きPOPを書ける人がどれだけいるか?

ここがカギっていうことです。

昨日のセミナーでの話

昨日、とある地域の商工会さんで、手書きPOPのセミナーをさせてもらったんですね。

 

っで、その受講者さん。

1番前の席に座られていたお二人の女性。

実は、美容院されている方々で。

お母さまと娘さんのお二人でお店をされている方だったんですね。

 

…セミナーの途中。

お話を聞いたり、あと、手書きPOPも書いてもらってたんですよ。

お二人とも上手に書かれるんですよ。

 

っで話を聞くと、今も手書きPOPをお店で書かれているそうで。

 

「いやー、いつも意見が合わなくて。 

 2人で書いているのですが、ケンカしながらですよ」

みたいな事をおっしゃっていたんですね。

 

そう、お二人で書かれている

 

ここが今日のポイントです。

POPを書く人数が増える程、効果は拡大する

勘の鋭いあなたなら、もう、お分かりじゃないでしょうか?

 

要は、手書きPOPを書ける人が増えるにしたがい、

 

そのPOPの効果も大きくなるということです。

 

例えば、先ほどの美容院さんの話でいえば。

手書きPOPを、お母さまと娘さんのお二人で書かれているわけですよね。

ですので、通常お一人でやっているお店よりも、POPの増えるスピードが速い。

仮に、1日に1枚を書いていたとしたら、

  • 1枚×2人=2枚 / 日

このペースでお店に手書きPOPが増えていくわけです。

 

1カ月間に換算すると、

  • 1枚×2人×30日=60枚 / 月

このペースで増えていくわけです。

 

だけど、お一人でやられているお店だったら、

  • 1枚×1人×30日=30枚 / 月

当然ながら、倍の枚数の違いになってきます。

 

まぁ、分かりやすくするために極端に話しているので、

「実際にはそんなに商品売ってないよ」

「そんなにPOPは要らないよ」

とか思われるかもしれませんが、そこは置いておいて。

とにかく、ここで実感していただきたいのは、

手書きPOPを書く方が増えれば、増えるほど、お店に並ぶPOPが増える。

そして、

お店に並ぶPOPが増えれば、増えるほど、

 

そこから成果を得る確率も高まるということです。

 

書いたPOPが、百発百中で成果が上がればいいけど、現実はそうはうまくいかない。

書いたPOPのうちの何枚かに1枚が成果につながる。

それば現状かもしれませんよね。

だったとしたら、、、、

  • 手書きPOPが30枚あるお店
  • 手書きPOPが60枚あるお店

どっちが成果を得る確率が高いか?というと、、、。

手書きPOPを書ける人を増やす

手書きPOPは、無言のセールスマンです。

言ってみれば、あなた(従業員さん)の代わりに商品を売ってくれる存在です。

 

さらには、手書きPOPを書ける人は、そのセールスマンを生み出せる、

 

貴重な存在です。

 

その貴重な存在がお店に多ければ多いほど、お店に与えるインパクトは大きい。

 

…何となくは感じていただけるのではないでしょうか。

 

というわけで、手間もかけずに手書きPOPを倍増させる方法。

その方法の1つが、POPを書ける貴重な方を増やすことです。

(…まぁ、スタッフさんには頑張ってもらわないといけないのですが^^)

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験に基づくセミナーや研修は分かりやすく自律性を養うと好評。大学や高校、ビジネス専門学校にて『POPコミュニケーション』の講義も持ち、累計受講者数は千名を超える。モットーは「出逢う人すべてをインスパイアする」。