成果が出ないのは、ここが原因かも?「お店」と「お客」が求める違いとは?

 

mountain-climbing-802099_640

 

 

手書きPOPの目的というと、、、

  • 商品を売ること
  • 提供するサービスの価値を知ってもらうこと
  • メリットを伝えること

色々と考えが浮かぶと思います。

 

ただ、今日ここで1つお話ししたいのは、

手書きPOPは、商品を売るためだけにPOPを使うのではなく。

もう1つ重要な役割もあるということです。

 

ここを意識して手書きPOPを書くのと、そうでないのとでは、、、

POPから得られる効果。

その広がりは、格段に違ってきますので。

セミナー受講者さんのご感想

まずは、こちらをご覧いただけますでしょうか。

 

以前、東京で手書きPOPのセミナーをおこなったときに、受講者さんがセミナー後に書いてくださったご感想です。

 

 

手書きPOPセミナー(東京)参加者の声

発信する自分に共感してくれる、そういう人を増やすことが、POPの目的かと思いました。

商品のメリットや特性のみではなく、どう感じたか?

伝えてくれる人は何を思っているのか?がお客さんの知りたいところでもあるのだとわかりました。

ありがとうございました!(ネットショップ 女性)

 

このご感想を書いてくださった方が、ネットショップの方。

というだけでも、ちょっと普通と違いますよね。

 

「実店舗を持たないネットショップの方が、手書きPOPを学ばれる?」

ちょっと感覚的にイメージしにくいかもしれません。

 

ただ実は、ここが今日お伝えしたい話のポイントになっています。

 

…手書きPOPをつかって、商品の良いところを伝える。

そして、お客さまに商品を購入していただく。

これがいわゆる、手書きPOPの大きな目的の1つです。

 

ただ一方で、ここには、1つの障害が存在します。

 

お店(売る側)とお客さま(買う側)が求めるギャップです。

 

長所ばかり伝えられても、、、

今では、どこのお店も商品を買ってもらうために、商品の良いところを伝える。

ここが本流ですよね。

注力されていますよね。

 

まぁ、当然といえば、当然なのですが、、、

ただですよ、一方、お客さまの立場に立ってみたときに。

 

これって、どうなのでしょう?

 

どこのお店も、自社商品の良いところを訴えている。

お店の広告もそう。

長所ばかりが書かれたメッセージが中心。

そういう内容ばかりを見てきたお客さま、、、は、一体どのように感じているのでしょう?

 

「本当にそうなの?」

「どうせ、買ってもらうために言ってるんじゃないの?」

「信じられへんわー」

こんな風に感じているお客さまって、いないのでしょうか?

人間味が欠かせない

冒頭でご紹介したセミナー受講者さんも書かれていましたが、

商品のメリットや特性のみではなく、どう感じたか?

伝えてくれる人は何を思っているのか?

がお客さんの知りたいところでもあるのだとわかりました。

 

単に、商品メリットを伝えるだけでなく。

人間味を感じさせる。

発信者の人柄が伝わってくるような、メッセージ内容にしてみる。

 

たったこれだけの意識づけで、お客さまの反響って違ってきます。

 

…今や商品っていうのは、溢れています。

同業他店であれば、似たような商品やサービスを扱っている。

大手が同じ内容のサービスを、低価格で提供している。

なんてことは、ざらにあることです。

あなたも実感されていらっしゃることだと思います。

 

これっていうのは、我々のような小規模事業者にとっては不利な状況です。

 

…であれば、そこに一工夫を加える。

メッセージに人間味を感じさせる。

単に商品の特性やメリットを伝えるだけでなく、発信者の存在が感じられる内容にする。

 

結果それが、あなたやあなたのお店に共感する方を増やす。

その取り組みにつながっていくのではないでしょうか?

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。