道の駅の手書きPOP研修で感じたこと

 

clasped-hands-541849_640

 

以前、従業員研修である道の駅さんに伺ったときのこと。

研修に参加される方は、約15名。

 

実は、それくらいの数の方が参加されると、こちらなりにも考えることがあるんです。

それは、どこにフォーカスをするか?

 

もっとシンプルにいうと、

「全員のほうがいいのか?」

「ある特定の人に絞った方がいいのか?」

という判断です。

2つの選択肢

道の駅さんへお伺いするのは、手書きPOPの研修でした。

従業員さんに手書きPOPを学んでもらう、

これが目的です。

 

っで、1店舗で15名。

これくらいの規模になると、スタッフさん全員でPOPに取り組む。

これも1つの方法なんだけど。

いろんな意味で、そこから生まれる弊害も考慮しなきゃいけないんですね。

 

…たとえば、もう少し規模の小さい、

従業員さんの少ない(5名くらいまで)ならば、

  • スタッフさん全員で手書きPOPを書く
  • スタッフさん全員で商品を勧める
  • オススメを通して、スタッフさんを感じられる

といったことを、 お店の1つのウリにすることも出来るのですが、

今回くらいの人数(10名を超えてくると)、、

いっそのこと担当制にする。

こちらの方が成果につながりやすかったりします。

遠回りしながら、たどり着いた道

従業員さんそれぞれで、個性って、違いますよね。

「強み(長所)」

も皆さん、それぞれ違っていますよね。

 

そして、その長所にあった役割を与えてあげる。

お店のオペレーション的にいえば、こっちの方がうまくいきます。

 

前述の道の駅の話でいえば、手書きPOPを書く担当者さんをつくってしまう、

というやり方です。

これがうまくハマると、お店とっても、従業員さんにとっても、楽しい結果が生まれます。

 

どうして、こんな事が言えるか?

というと、、、僕自身が痛い目に遭ってきているからです。

 

以前、僕が働いていた産直店では、約10名近くのパート(アルバイト)さんに働いてもらっていました。

主婦のかた、高校生が中心です。

 

言ってみれば、小売経験ゼロに近い方ばかりです。

 

そんなみんなと一緒にお店を運営していくには、

  • 得意な部分を活かす
  • 1人のチカラを何倍にも引き上げる

ここが欠かせなかったんですね。

いろいろ試行錯誤、遠回りしながらたどり着いた道です。

4年経って気づいたこと

例えば、スタッフが10名もいると、

  • 売場づくりが好きな人
  • 在庫管理が得意な人(おおざっぱが嫌い)
  • 同じ作業の繰り返しでも飽きずに出来る人
  • 人と接することで本領を発揮する人

いろんな方がいるわけですよ。

僕も初めは、

「こんな小さいお店なんだから、従業員みんながバランスよく仕事をデキた方が良い」

そんな風に考えてオペレーションを組んでました。

 

陳列が苦手なアルバイトの子に、商品の品出しをお願いしておいて、

「時間かかり過ぎ!」

って、怒ってみたり。

 

明らかに人とコミュニケーションが苦手な子に、レジをお願いして、

お客さまからのクレームが連発したり。。

 

これだと、明らかに効率が悪い。

お店にとっても、スタッフにとっても、

もっといえば、 お客さまにとっても良いことなんてなかった。

百害あって一利なしだったんですね。

 

…船井幸雄さんがこんな事を云われています。

  • 「従業員さんが、会社から言われてする仕事」
  • 「同じ内容の仕事を、はじめから考え、自分で計画して取り組んだ場合」

その仕事効率は、前者と後者で10倍近くになる、と。

(「1:1.6:1.6二乗の法則」)

 

数値として計測したことはないですが、

言われみると、納得できることはたくさんあります。

理想論かもしれません

今日の話は、実践するとなると、なかなか難しい部分かもしれません。

 

ただ、その人の特性を伸ばす。

強みを活かす。

これっていうのは、長期的にみれば、

会社にも、、 従業員さんご本人にも、好影響を及ぼします。

 

…全部が全部、実践するのは難しいかもしれません。

だったら、まずは、

「従業員さんの「長所」に目を向ける」。

ここにアンテナを立てる。

たったこれだけでも、違った結果、

違った展開が生まれるのではないでしょうか。

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。