「手書きPOPは、小売のツール」なんて思っていませんか?もしそうだとしたら、少し損をしているかもしれません

 

head-1345064_640

 

たかがpopって思っていたところがありました。

でも、実際は奥が深くて、自分なりにやってみて初めて気がつきました。

 

こちらは、先日、【手書きPOP7つの極意】

ご登録者のかたが送ってくださったメッセージの一部です。

 

たしかに、よく言われるのですよね。

 

「手書きPOPでしょ、、、」

「うちは小売店でじゃないし、、、」

「それより、お客さまを集めるチラシの書き方を知りたいの、、、」

 

っと、このようなお声をよくうかがいます。

 

そのたび、

「あぁ、まだまだ手書きPOPの価値って、伝わっていないよなぁ」

って、自己反省するところがあるんですね。

 

というのも、実は手書きPOPって、小売店だけのツールではありません。

サービスを提供するお店。

たとえば、美容院やサロン。

もっといえば、メーカーや卸売にも活用できるツールです。

事例をご紹介しながら、一緒にみてみましょう。

 

「販促物や接客、お店の心がまえにも通じる…」

まずは、こちらをご覧ください。

以前、大阪でおこなった手書きPOPセミナー、

その受講者さんが書いてくださったご感想です。

 

手書きPOPセミナー受講者のご感想 

POPのことだけでなく、他の販促物や接客、お店の心がまえにも通じる部分の考え方を学べたように思えます。

これからも楽しく実践、だめだったら変えてみようと思います。

ありがとうございました^^

 

ここに書かれている文章のなかでも、特に注目していただきたいのが、

 

「POPのことだけでなく、他の販促物や接客、お店の心がまえにも通じる部分の考え方を学べたように思えます」

 

この部分です。

 

こちらの方は、はんこ屋さんを経営されている男性の方なんですね。

っで、お店の物販の売上を上げるために、手書きPOPを導入しようと考えられた。

セミナーに参加くださった。

 

…結果、セミナー終了後の感想として、上記の言葉となったわけです。

手書きPOPの肝

結論から言ってしまえば、手書きPOPの1番の肝は、

  1. 「何を伝えれば、お客さまに響くか?」
  2. 「どんなメッセージを伝えれば、お客さまは共感してくれるのか?」
  3. 「興味を持ってくれるのか?」

この3つのポイントに尽きます。

 

この3つのポイントを抑えたメッセージを見つける。

紙に書く。

お客さまに伝える。

すごくシンプルにいえば、これが手書きPOPの役割です。

 

…っで、ここから分かること。

今お伝えした手書きPOPの3つのポイント

  1. 「何を伝えれば、お客さまに響くか?」
  2. 「どんなメッセージを伝えれば、お客さまは共感してくれるのか?」
  3. 「興味を持ってくれるのか?」

これっていうのは、他の販促物にも共通していませんか?

 

例えば、チラシでも同じようなことが言えませんか?

 

「どんなメッセージを伝えれば、お客さまは興味を持ってくれるのか?」

ここを達成すること、イコール、成果を上げるチラシ。

そうでもないでしょうか?

実は、接客も同じです。

紙に書いて、伝えるのか?

直接、お客さまと面と向かって話すのか?

この違いを踏まえれば、接客でも手書きPOPで学ぶ「伝え方」は通じるのです。

 

紙に書く内容(メッセージ)を、あなたや従業員さんが話して伝える。

そして、そこで考える本質は、、、

  1. 「何を伝えれば、お客さまに響くか?」
  2. 「どんなメッセージを伝えれば、お客さまは共感してくれるのか?」
  3. 「興味を持ってくれるのか?」

やっぱり、ここに尽きるのではないでしょうか?

 

もちろん、細かくいえば、接客のテクニックはあると思います。

お客さまとのやり取りをする中での、ね。

 

ただ、大きく捉えていくと、基本はやっぱり手書きPOPの肝。

3つのポイントにいきつくのではないでしょうか?

 

 

…冒頭でご紹介した【手書きPOP7つの極意】ご応募者からのメッセージ。

 

たかがpopって思っていたところがありました。

でも、実際は奥が深くて、自分なりにやってみて初めて気がつきました。

 

結局はこの方も、今日お話してきた内容を実感。

その結果、こちらのメッセージになったのではないか?

僕はそう思っています。

 

手書きPOPというのは、小売だけの媒体ではありません。

来店されたお客さまに、お店の商品を販売するためのツールではありません。

うまく活用することで、

チラシといった他の販促物。

接客やお店の心がまえにも通じる考え方を学べるのですね。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。