星野リゾート「人材育成」に学ぶ

 

pool-690034_640

 

ちょっといつもと違う、

真面目なタイトルからのスタートですが、、、

 

僕が尊敬する方の1人に、星野佳路さんがいます。

そう、言わずと知れた、星野リゾート社長ですよね。

 

もともと僕がホテル好きということもあって、

(「趣味:ホテル探し」と一時、名刺に書いていたほど(笑))。

 

そこから星野さんを知り。

テレビでお話をされているの聞く機会が増え、、。

その話の内容が非常に分かりやすくて、関連著書などもよく読んでいます。

 

…そんな中、星野社長がおっしゃっていたことで、すごく印象に残っている話があるんです。

再生のカギは、現場の●●

星野さんが、ホテルの再生を請け負う際に重要視されていることの1つに、

地域の資源を活用する

というのがあるのですね。

 

地元にある観光であったり、産物、

そして人、、、といったハードやソフトの部分。

そういった要素抜きにして、ホテルは輝かない、

という持論をお持ちなんです。

 

…っで、星野さんがその地域資源を活用する際に、カギとしているのが、

「現場で働くスタッフさん」。

ここなんですね。

星野リゾートの「軸」

現場のスタッフがスキルを上げる、

というのも大事だけど、どちらかというと、星野さんが注力されるのは、

「スタッフが、本来持っている力を余すことなく発揮できる」

その環境づくりに専心する、

ここなのですね。

 

僕ね、その話を聞いて、心がストンと腑に落ちたというか。

「あぁ、それすばらしい」

って、僕がいうのもヘンなのですが(笑)

それくらい、ビビッと来た話でした。

 

そして同時に、これって、何も大きなリゾートホテルだから、、、

という話でもなくて、我々のような小規模事業者にもばっちり当てはまる話です。

100%チカラを発揮しているか?

いろんな会員さんのお店へ伺ったり、セミナーで社員研修をしたり、

あとは、僕自身のサラリーマン時代の経験から言えることですが、

現場のスタッフって、どこかで遠慮している。

そんな節があります。

 

自分では、「右」と思っているようなことでも、会社的には「左」ならばそれに従う。

 

…例えば、売場での接客1つをとっても、

「こう対応したい」

自分としてのお客さまへの対応策が浮かんでも、上司に了解を得なくちゃいけない?

そんな心配が浮かぶ。

 

結果、思っていることの半分も行動できていない、

そんなスタッフさんが多かったりします。

星野リゾート「人材育成」に学ぶ

「目の前のお客さまに喜んでもらいたい」。

「お客さまが喜ぶ姿を見たら、自分も嬉しくなる」。

 

あなたのお店で働くスタッフさんも、ほぼ皆さん、こう感じていると思うんです。

 

1人の人間として、お客さまに悦んでもらいたい。

みんな、そう考えているはず。

…実は、ここがカギなんじゃないでしょうか?

 

1人の人間として、考えて、行動する。

そして、自分で気づく。

これを仕組みとして、従業員さんが実践できれば、

お客さまが悦ばれるのは勿論、

従業員さんも心から仕事に没頭できる、

そんな空間に、お店はなるのではないでしょうか?

そして、この環境をつくるのは、 リーダー、あなたの努めになってくるのでは?

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。