手書きPOPをやった方がいい理由①「効果が長く続くから」

手書きPOPをやると

すごいたくさん良いことが起きる。

実践する価値、メリットってがあるんです。

僕が手書きPOPをオススメする理由、

その1つが、、、

どうして、僕が手書きPOPをオススメするのか?

その理由は、「手書きPOPの効果は半永続的に続く」。

ココにあるからです。

どういうことか?というと、、、

例えば、今からあなたがPOPを書きますよね。

っで、今晩、そのPOPを見て商品を買ってくれるお客さんがいた。

・・・明日になりました。

引き続き、昨日書いたPOPは貼ったままです。

っで、また商品を買ってくれる人がいた。

・・・翌日も。

・・・・・次の週も違うお客さんが、POPを見て商品を買ってくれた。

・・・1ヶ月経っても、まだPOPは貼ったまま。

それでも、商品は売れる。

そうなんです、今日POPを貼って売れた。

だからと言って、次の日にそのPOPが効果なくなるか?

っていうと、そうでもない。

また違うお客さんが見て、心を動かすかもしれない。

「商品を買おう!」

そう思ってくれるお客さんがいるんです。

・・・一方、同じ販促物でもチラシはどうか?というと、、、

効果って、長くてせいぜい1週間。

1週間経てば、ほとんど効果なくなるでしょう?

チラシ撒いて2週間も経ったら、

「チラシ見て来ました」っていうお客さんは、ほぼいなくなる。

そう、チラシの効果は長く続かない。

だけど、POPは違う。

基本、商品価値がなくなるまで、効果は続くんです。

・・・もちろん、たまにメンテナス(書き換え)は必要ですけどね。

それでも、1ヶ月で効果がなくなる、、、なんてことはない。

手書きPOPは1度書けば、ただでズット働き続けてくれる。

働き者なんです。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。