手書きPOPは担当者に書いてもらった方がいい?それとも、スタッフ全員で?

startup-594091_640

あなたのお店は、どっち派ですか?

…手書きPOPの人材研修にうかがうと、よく見かけるシチュエーションがあります。

 

手書きPOPを書く実習をしていると、

「私、こういうの書くの苦手だから、●●さん書いてよー」

「●●さん、絵を描くのも上手だしぃー」

 

従業員さんのお一人がこんな事を言われるのです。

 

要は、自分は手書きPOPを書くのに向いていない。

だから、他の人に書いてもらいたい。

うまく書いている他の従業員さんに任せてしまいたい。

こんな感情を持たれる従業員さんが現われるんですね。

 

…っで、ここである1つの疑問が生まれます。

  • 従業員全員で手書きPOPを書く
  • それと、担当者さんを決めてその人にPOPを書いてもらう

どっちが良いのだろう?

という疑問です。

 

あなたはどう思われますか?

担当者を決めた方がいい?

手書きPOPを書く時に、

  • 担当者を決める
  • 従業員全員が書く

大まかにいうと、この2つのパターンがあります。

 

今日この場では、どっちが良いというスタンスから言及はしません。

ただし、それぞれのやり方をした時に、注意しておいた方が良いポイント。

そこを一つずつ考えています。

1.担当者を決めて手書きPOPを書いてもらう

「販促担当」のような方を決めて、手書きPOPをその方にすべて任せてしまう場合。

 

たとえば、今月オススメしていきたい商品があれば、

「●●さん、このPOPをお願いします」

といって、担当者さんにPOPを書いてもらう場合。

 

ここで気をつけなければならないのが、すべて任せっきりにしないこと。

 

当然のことなんですが、

 

「POPを書くのは、●●さんの仕事」

「それは、私の仕事じゃない」

 

といったスタンスを従業員さんが持ってしまうと、お店での協力体制ができないどころか。

担当者さんも良い手書きPOPが書けません。

 

担当者さん1人がお店全部の商品を知る、

というのには限界があります。

 

さらに、担当者さん1人の視点だけで手書きPOPを書く。

ここにも限界があります。

 

POPのメッセージの視点が、偏ってしまう危険があるのですね。

いろんな視点、角度から商品を伝えてこそ魅力は伝わります。

 

そういった意味でも、まわりの従業員さんも協力的でないと始まりません。

担当者さんに、

「この商品の手書きPOPを書こうと思っているんだけど、教えてもらえない?」

って聞かれたら、協力的にその質問に答える。

その姿勢をお店全体のスタッフさんに広げる取り組みが必要です。

2.従業員全員で手書きPOPを書く場合

ここで気をつけなければならないのは、「統一感」です。

 

従来、手書きPOPのメリットの1つに、

「POPを書く人の個性・人柄を伝えることができる」

というのがあるのですが、実は、ここで1つの問題が生まれます。

 

全員でPOPを書くということはイコール、いろんな手書きPOPが出来あがるということです。

個性豊かなPOPが生まれることはベターなのですが、

 

一方で、お店の「統一感」が崩れない。

 

その工夫が必要となってきます。

 

当然ながら、書く人によって、

  • 書く文字
  • 文字の大きさ
  • 文字のクセ
  • 文字と文字の間隔
  • 色づかい…etc

といった手書きPOPの要素は違います。

 

先ほどもお話ししたように、書く人によって個性のあるPOPに仕上がるのは、従来なら手書きPOPに備わるメリット。

手書きのもっとも優れた部分の1つです。

(そして、そこをウリにした手書きPOP販促法もあります)

 

ただし、その個性もある一定の「統一感」があってこそ。

自由は、ある一定の規律のうえで成り立つ。

といわれるように、手書きPOPも同様。

 

一定のルール。

統一感を創りだしてこそ、書き手の個性や人柄あふれるPOPになってくるのです。

小規模店に向いているのは?

以上、簡単にですが、

  • 担当者を決めて、手書きPOPを書く
  • 従業員全員で手書きPOP書く

2つの視点から、注意したいポイントを考えました。

 

小規模店であれば、前者。

特定の担当者を決めてお店にPOPを広げていくというのは、現実的に厳しいかと思います。

人数からいっても、専門の担当者をつける。

なかなかその余裕はないんじゃないでしょうか。

 

スタッフ全員で手書きPOPをお店に溢れさせる。

作業的にも、その効果を考えてもこちらのほうが適しています。

 

その際はまず、スタート地点として、「統一感」。

統一感をつくったうえで、スタッフさんの個性や人柄を伝えていく。

そのスタンスをお店全体に広げましょう。

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。