「いらっしゃいませ」と「こんにちは」。…どっちがいいの?

 

smiling-woman-1340662_640

 

あなたのお店では、どっちを使われていますか?

お客さまが来店された時に、かける言葉。

 

「いらっしゃいませ」なのか?

「こんにちは」なのか?

 

スタッフさんは、どっちの声がけを使われていますか?

 

「いらっしゃいませ」と「こんにちは」というお客さまへの声がけのことば。

ちらっとネットでも調べてみたんですが、いろんな意見があるようです。

 

さて、どっちが適正なのか?

今日はここをちょっと考えてみます。

僕が産直店で働いていたときは、

「こんにちは」

をつかっていました。

 

誰かに言われたわけでもなく、社長に指示されたわけでもなく。

お店の雰囲気だったのでしょうかね。

ごく自然と、来店された方には、「こんにちは」って言ってました。

 

同様にこれは、スタッフも同じように言ってました。

一部、恥ずかしがりアルバイトの子は、「いらっしゃいませ」と言ってた気もします。

それそれで特に、「”こんにちは”にしいや」とかこっちから指示することもなかったです。

その子の自主性に任せてました。

 

じゃあ、この「こんにちは」という声がけ。

ここには、何かメリットがあるのでしょうか?

どうして、「いらっしゃいませ」じゃなくて、「こんにちは」を使ってたのか?

その理由はありました。

「こんにちは」でお客を迎えるメリット

来店されたお客さまに、「こんにちは」で迎えるとどんな良いことがあるのか?

 

  • お客さまと同じ目線に立てる

⇒「売り」「買い」の関係じゃなくなる

  • お客さまが言葉を返しやすい

⇒お天気の話とか日常会話につながっていきやすい。一方、「いらっしゃいませ」だと、お客さまも言葉を返しにくい

  • お客さまと会話になりやすい

 

⇒上記にもつながってきますが、「こんにちは」の後、日常会話など話をしやすい流れになる

  • お店に入りやすい

⇒店員さんの存在を気にせず、入店しやすい(いらっしゃいませ、だと待ち構えられている感じ)

 

パっと思い付くところでは、こういった点が挙がります。

お店への波及効果

僕自身が実際にお店の現場にいた時の感想からいうと。

「こんにちは」

って言うことへの意識。

そこには、「お客さま」を「お客さま」として見ない。

そんな意識がありました。

 

要は、「売り」 「買い」の関係としてじゃなく、1人の人間としてお付き合いをさせていただく。

「お客さまだから、どんな風な対応をしなきゃいけない」と考えるのではなく、

「「臼井」という一人の人間としてどうお客さまに接すればいいのか?」

ここを考えていこうよ。

そんな意識がお店全体にありました。

 

結果、

  • 「お客」と「お店」以上の関係の構築
  • 店内でのやりとりが増えた
  • 商品への質問・相談の増加
  • 滞在時間の延長
  • 顧客単価のUP

といった波及効果へつながっていきました。

結論

とはいえ、今日の話。

来店されたお客さまへ、どんな言葉がけをしたらいいのか?

  • 「いらっしゃいませ」なのか?
  • 「こんにちは」なのか?

これの答えっていうのは、ないと思っています。

 

それこそ、あなたがどんなお店のスタイルを築きたいのか?

お客さまとどんな関係をつくりたいのか?

あつかう商品によっても、業種によっても違うと思います。

そして今日僕が話したことも、ある意味、感覚的な部分が含まれています。

 

ただ、ここて1つ言えること。

 

それは、

「小規模店は、いかにお客さまとの関係性をつくれるか?」

ココは結構大きな肝の部分でもある。

関係性の高さがお店運営の生命線になる。

そういっても言い過ぎじゃない。

 

ですので、その生命線を創り上げるうえでも、お客さまの声がけ。

これは1つの要素になってくるんじゃないでしょうか?

ちょっとした事ですけどね。

 

 

 

あとは、そういった声がけ1つにしても、どっちがお店に良いんだろうか?

一つひとつ考える。

そんな細かな意識がけっていうのが、お店全体にとってプラスに働くんじゃないでしょうか。

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。