お客が来ないのは、商品のせい?

 

traveler-1611614_640

 

ご縁をいただくお店さんに、こんな所がよくあります。

 

「商品開発にガンガン力を入れるお店」。

 

…新しい商品をつくれば、お客さまが来てくれる。

そう考えられてなのか?

新商品を出されることに、注力される。

そんなお店さん、結構多いんですよね。

 

お気持ちを丸っきり反論するつもりはないですが、

ちょっと順序が違うんじゃない?

って思うこと多いです。

お客さまが来ないのは、商品のせい?

今、お店の売上が伸び悩んでいるのは、商品に原因がある。

そうお考えになっているのか?

は、分からないのですが。

 

  • 新しい商品をつくっても、、、

その商品を知ってもらう必要があります。

  • 魅力的な商品をつくっても、、、、

それをお客さまに知らせる手段が必要です。

 

その商品を買ってくれる、

そのお客さまを集める仕組みが必要だ、っていうことです。

 

…っと、こんな事を言うと、

「そんなん、手書きPOPだって一緒やん」

「手書きPOPも、お店にお客さまが来てくれなかったら意味ないやん」

そんな声も遠くから聞こえてきそうなんですが。

 

まさに、その通り、、、であると同時に、その考え方は少し違うところもあるんです。

 

今日の話のテーマはそこじゃないので、詳細はお伝えしませんが。

手書きPOPは、集客ツールにもなるのです。

手書きPOPに注力することで、新しいお客さまをお店に集める。

その仕組みにもなってきます。

手書きPOPがお店の「ウリ」になる

どんどん話の主題から逸れていくんだけど、、、もう少しだけ。

 

手書きPOPに力を入れれば、お店の個性がつくれます。

「あのお店の手書きPOPって、面白いね」

「あそこのお店って、なんか変わってらしいよ」

「一度行ってみる?」

「こんど、友だち連れて行ってあげようか」

なんて、口コミが手書きPOPを通じて生まれ出すからです。

 

手書きPOPに限らず、売るための仕組みをお店につくる。

それから、新商品をつくる。

もちろん、同時進行が1番なんですが。

 

要は、新しくお店に来てくださったお客さまに満足していただく。

その準備を先にしておこうよ。

それが十分でないと、せっかく来てくださったお客さまを逃す。

そんなモッタイない結果が待っていますよ、という話なんですね。

売る態勢をつくる!

僕自身が、営業・販売畑の人間なので、どうしても、「売る」っていうことに注力する。

そんな傾向もありますが。

 

売る態勢をつくる。

ここをないがしろにしない、っていうことです。

 

われわれ小規模事業者が、お店独自の商品を開発する。仕入れる。

これには、時間がかかります。

他所では扱っていない商品を扱う。

ここが実現できれば、それが1番ですがそれもハードルが高いじゃないですか。

 

初めは自社だけが取り扱っていたとしても、いずれ同じようなものを販売するお店が出てくる。

大手であれば、われわれ小規模が価格で勝負できるわけでもなく。

 

…そうやって考えていくと、「売る」仕組みをつくってしまう。

できれば、あなたのお店独自の仕組みを。

っと、同時に商品開発もおこなう。

小規模店が効率よく結果を残しやすい、そのステップです。

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。