手書きPOPで成果を上げる~「インパクトのあるPOPを書きたい」は勘違い

 

hammer-682767_640

 

「インパクトのあるPOPが書きたいんです」

そう相談される方が多いです。

 

ほんと10人相談に来られたら、そのうち半分近く。

4~5人の方はこの悩みを持たれています。

それくらい手書きPOPに関して多い悩みの1つです。

 

…ただここで、1つお伝えしておかなければならないのは、

【インパクトのあるPOP】=【成果の上がるPOP】

この図式には、誤りがあるということです。

 

手書きPOPを実践しようとされる方が、もっとも多く考える課題の1つですが、

これはちょっとした勘違いでもあるのです。

では、もう少し詳しくみていきましょう。

「目に留まれば売れる」は、勘違い

先ほどもお伝えしたように、手書きPOPで成果が上がっていないのは、

「お客さまの目に留まっていないから」

「もっと目に留まる、インパクトのあるPOPを書きたい」

そう考える方がすごく多いです。

 

そこで、1つ問いかけてもらいたいことがあります。

 

もしも仮にあなたの手書きPOPが今、成果につながっていないとしたら、、、

その要因は、

  • お客さまはが読んでいないから、、、?
  • お客さまの目に留まっていないから、、、?
  • POPの存在に気づいていないから?

これが理由の主なのでしょうか?

 

…じゃあ逆に、今度はこんな風に考えみるとどうでしょう。

 

お客さまは、あなたの手書きPOPに気がついている。

立ち止まって読んでいる。

だけど、購入につながっていない、、、としたら?

それは、どうしてなのでしょうか?

あなたのPOPを成果につなげる、もう1つの要素

それは、ずばり中身。

書かれているメッセージに課題があるからです。

 

【インパクトのあるPOP】というのは、POPを「魅せる」という視点からの考え方です。

言ってみれば、見た目的な部分の話ですよね。

しかし、手書きPOPで成果を上げるには、「魅せる」だけでは不十分。

もっと他の要素も必要になってくるのです。

 

詳しく話し出すと2時間のセミナーのボリュームになるので、詳細はまたの機会にしますが。

要は、

「魅せる」+「伝える」

この要素が組み合わさってこそ、成果の上がるPOPが完成するのです。

購入につながらない本当の理由

お客さまはあなたのPOPの存在に気付いている。

そして、読んでくれている。

(もしかすると、途中までかもしれませんが)

 

ただそこで、購入につながっていないのは、、、

お客さまが心を動かしていないから、、、

ここが大きな要因です。

 

あなたのPOPの存在には気づいている。

だけど、そのメッセージを読んだときに、

  • 興味を持たなかった
  • (商品を購入する)必要性を感じなった
  • ワクワクする未来を感じられなかった…etc

そういった要因があって、購入につながっていない。

こっちの要因の方が、可能性としては高いです。

 

多く場合、あなたの手書きPOPに気づいていないから商品が売れない、

のではなく、気づいているけど心が動いていない。

こっちのケースの場合が圧倒的です。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。