手書きPOPを書くのに、どうして成果につながらないのか?

 

child-729718_640

 

ホントこんなに焦ったのは、そんなにない。

「たすけてー」

って、必死で叫ぶのに、、、誰も助けてくれない。

 

助けてくれないどころか、笑われる始末。

 

砂まみれになったまま、泣きながら、

「ほんとやって。いたい、ねん。たすけて。

 先生よんできて。」

って必死で言ってるのに、

「いつまで続くかな。ハッハッハッ―」

って、友だちは僕の言葉を真に受けてくれませんでした。

 

…ようやく事態の深刻さに気付いた誰かが、先生を連れて来てくれたのは、

僕が高鉄棒から落ちて10分以上経ってからの事でした。

 

先生の車で病院へ連れて行ってもらった僕は、そのまま3週間入院することになりました。

…小学4年のときの事故

お昼休みの時間でした。

5時間目の授業がクラブかなんかだったので、外で友だちと遊んでいたんです。

 

僕が遊んでたのは、高鉄棒。

普通の鉄棒よりも背の高い、

小学4年の僕はジャンプをしないと届かない、鉄棒です。

 

その鉄棒をつかって、ちょっとした遊びをしていたんです。

 

鉄棒の前に平均台を置き、そこからジャンプして鉄棒に捕まる。

だんだんその平均台の距離を遠くして。

鉄棒から遠ざけていく。

「ジャンプして、最後まで届くのは誰か? 」

友だちと競っていました。

 

…っで、どれくらい鉄棒から距離が離れていたんだろう?

よく憶えていないのですが、

それは起きました。

平均台から跳んだんです。

そして鉄棒をつかもうとしたら、鉄棒をうまくつかむことができず。

指の第2関節までしか握れなかった。

 

だけど、ジャンプしていた勢いで身体が前へ回転しようとする。

第2関節までしか握っていない指が、鉄棒からするりと落ちる。

 

…!!

 

そのまま地面に背中から落ちました。

その時、なんとか着地をカバーしようと、左手を付いたんです。

…それがいけなかった。

 

僕の全体重が左手にのっかかり、身体の下敷きになってしまいました。

 

何が起きたのか?

僕自身も分かっていなかったんだけど、

「とにかく、何かヤバい」

っていう事だけは分かっていて、必死で叫んだんです。

 

「痛い、痛い、いたーい 。

 先生、呼んできてーー、、、」って、泣きながら。

 

あとは、冒頭の通りです。

友だちの誰も、僕のことを信じてくれませんでした

 

僕がウソ泣きをしている。

みんなを笑わせようと、芝居をしていると思ったんです。

「オオカミ少年」と「販促物」

当時、小学生4年だった僕。

入院しながら、病院の部屋で思ったこと。

それは、「オオカミ少年」の話です。

 

「普段からロクなことを言ってないから、肝心なときに誰も信用してくれなかったんや」。

友だちのことに腹を立てたけど、同時に自業自得やったんかな?

そんな事を考えていました。

 

…っで実は、この話。

ここから180度、急展開、

僕たちの仕事に丸々つながってくるんです。

(というか、つなげます(笑))

 

 

例えば、お店でつかう販促物。

手書きPOPでもいいし、チラシもでいいです。

そこに書くメッセージ。

 

どれだけ良いことを書いていても、それをお客さまに信用してもらえないと意味がない。

どれだけテクニックをつかって、目の留まる言葉を書いたしても、、、

インパクトのあるキャッチコピーを書いたとしても、、、

 

お客さまがそれを信用しないと、、、なんです

 

実はここ、今日のポイントで。

僕たちが書いている販促物。

そのメッセージって、結構信用されていないです。

お客さまは「広告物」の1つとして捉えている。

なので、

「どうせ、売るためになにか書いているんでしょ」

くらいの勢いでしか、見られていない。

そんなケース、多いです。

 

お客さまは広告物を見るときに、そんな見方を潜在的にしているっていうことです。

コレ、話を誇張しているわけでもなくて、本当です。

 

手書きPOP。チラシ。ニュースレター。

もっと言えば、ブログ。

僕が今書いているメルマガもそう。

 

商品を売りたいからと言って、自分目線の話ばかり。

一方的なメッセージばかり書いてたら、、、

次第にお客さまは、お店の販促物を読んでくれなくなる。

 

どれだけいっぱい手書きPOPを書いて、お店に貼っても売上につながらない。

そんな事になっちゃっているとしたら、、、

それはイコール、今お話しした状況が原因になっているかもしれません。

 

 

インパクトのある言葉も大事だけど、

そもそも、そのメッセージをお客さまに信用してもらう。

ここが手書きPOPにおいて、肝心要のポイントなんですね。

 

小学4年の僕がそうだったように、、、

  • お店に並べる手書きPOPも、
  • 発信するメッセージも、
  • 接客も、

「オオカミ少年」にならないようにしないとです。

(このブログを読んでくださっているあなたに限っては、そんな事ないと思いますが)

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。