常連さんになりそう~靴修理屋さん

 

dog-1496904_640

 

今日は、リピートの話。

僕たちのような小さな事業者が、「常連さん」をつくる。

すごく有難いし、欠かせないですよね。

 

…そんなリピート店。

 

最近、僕もあるお店の常連になりそうになっています。

昨日の日曜日も行って来ました。

その前の土曜日も行ってました。

2日も連続でそのお店へ行ってたのには、ある理由があって。。

靴の修理屋さんです。

僕が最近よくお世話になっているのは、靴とかばんの修理屋さん。

 

かかとの底がすり減っていた、僕のお気に入りのサンダル。

夏が近づき履く頻度も増えてきて、

「そろそろどこかのタイミングで直しときたいな」

そう思って、1週間くらい前に直しに出していたんです。

それが、先週の月曜日のことです。

「納期はいつ頃ですか?」

「預けたサンダルはいつ頃に修理が仕上がるのか?」

を聞いておこうと店主さんに訊ねたんですね。

 

すると、店主さん、

「はやければ、明日、

お時間をいただけるのであれば、週末には」

こんな返事をくださっていたんです。

 

なので、僕は土曜日だったら、出来てるかな?

そう思い、取りに行っていたんです。

土曜日の正午くらいかな。

お店の前の歩道に車を停めて、ハザードをつけて。

お店の前まで走って行くと、店内には、

1、2、、、3人くらいの人(男性ばかり)が椅子に座っているのが見えたんです。

そんなに広くないお店のカウンター前。

 

普段にはあまりない光景でした。

 

「座って何しはんねやろう、、?」

「読書会とかやってんのかな、、、?」

「エッ、もしかして今日お店休み、、、?」

ちょっとビビりながら、お店のドアを開けたんです。

 

すると店主さんは、スグに僕のことに気づいてくれました。そして、

「僕が何しに来たのか?」

も察知してくれました。

 

っと同時に、ものすごい申し訳なさそうな顔をして、

「今日の夕方の仕上がりなんです、、、」と。

 

それを聞いた僕。

その日は出直して、あらためて翌日の日曜日(昨日ですね)にお店に来ることになりました。

ちなみに冒頭でも話したように、

僕はこのお店の「常連さん」になりそうな感じです。

リピート利用させてもらっているんですね。

 

…このお店を知ったのは、半年くらい前。

そこから、彼これ、もう3回か4回利用していると思います。

そんなに行く頻度のない靴やかばんの修理。

だけど、その機会があるときには、このお店に真っ先に持っていくようになりました。

 

つい1カ月くらい前は、仕事でつかっているキャリーケース。

「出張で傷んでしまったのか?」

荷物を留める中のバンドが外れて、直してもらいました。

 

他にももう1店、同業のお店さんもあるんですよ。

以前まで、お世話になっていたお店。

でも、最近はずっとこちらのお店ばかりにお願いしています。

 

どうして、そんなにも僕がこのお店にお世話になるようになったのか?

…ちょっと考えてみたんです。

「僕がそのお店をリピートした理由」

まず、第一に、思っていたより高くない

ここが大きいです。

「職人さんのお店」っぽい本格的な店構えなんだけど、値段はそんなに高くないんです。

 

あとは、「仕上がりにも満足しているから」。

妻は、うーん、、って言っていたけど、僕的には充分満足していて。

 

それと、僕の知人がホームページでこちらのお店を紹介していたんですね。

そんなのもお店の信頼という点で、後押しになったと思います。

これらがパッと考えた感じ挙がる、僕がどうしてそのお店を気に入っているのか?

リピート利用させてもらっている理由です。

 

…っと言っても、これって、かなりありきたりな意見です、、、よね?

あなたが読んでも、あんまり面白くない内容です、、よね。

 

なので、このまま話を終えるとあなたに怒られそうなので、

考えました。

あなたに満足してもらうために。

少しでも読んでよかった、と思ってもらえるためにもう少し考えてみました。

すると、1つ気づいたことがありました。

どうして、僕がこのお店を何度も利用させてもらうようになったのか?

それは、

他のお客さまを見たから

ここが結構大きなポイントになっています。

 

以前、キャリーケースを直してもらって取りに来たとき、

その時に他のお客さまにお会いしていたんです。

50~60代のプチマダム風の女性でした。

革の財布をお預けされているようでしたけど。

 

そのお客さまを見て、僕の中ではちょっと満足度が上がっていたんです。

 

そして、今回サンダルを預けに来た時にも、、他のお客さまに会っていた。

その人は、オジサンで。

丸坊主。ヒゲ。革のブーツ。

いかにもカタギじゃない、、、っていう感じのオジサンでした(笑)

 

前者の女性。

そして、後者のオジサン。

お二人の共通点は、共にちょっとこだわり風な感じの方同士だったんですね。

 

「あぁ、このお店には、こういうこだわったお客さんが来られてるんだ」

僕にとっては、こちらのお店の印象がグッと上がる大きな要素でした。

お客さまがお客さまを見る。

これって、僕特有の行動かもしれません。

 

…だけど一方で、意外とそうじゃないのでは?

…実は、けっこう他のお客さまにもあることなんじゃないの?

という風にも考えています。

 

このようなお客さまも来られているんだ

 

こんな風にお客さまが思うことが、お店の「満足度」や「印象」に影響を与えている。

そして今回の僕のように、リピートさせる、

その要因の1つにもなっているんや。

今回の機会を通して、よりそう思うようになりました。

 

 

…僕たちのような小さな事業者が、「常連さん」をつくる。

すごく有難いことだし、欠かせないこと。

それを引き出す1つの要因が、お客さまにお客さまの存在を知らせる。

ここにヒントがあるようです。

さらに言うと、そのカギは「似た者同士」。

似た者同士の存在を知らせてあげる。

ここがポイントになっています。

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。