小さなお店の販促法~「現状を打開する」魔法の質問

手書きPOPセミナー大阪

 

hammer-1008973_640

 

「●●(理由)だから、それはちょっと難しいんです。。」

サポートの現場で、よく聞く言葉の1つです。

 

これが店主さんや社長さんの口から出ると、

その場の空気が重たくなる。

流れを停滞させてしまう。

けっこうヘビーな言葉の1つです。

 

 

ある意味、僕のようなコンサルを悩ます言葉の1つかもしれません。

 

先日お伺いした会員さんからも、この言葉が出てきました。

起業家精神が旺盛の社長さん

以前、お伺いしたあるお店でのこと。

話を始めて、30分くらいしてのことだったと思います。

 

「いやぁ、それはすごくいいお話なんですけどね。

 ちょっと今の忙しい状況を考えると、キビシイですね」

 

例の冒頭の言葉が、社長さんの口から飛び出しました。。

 

…こちらのお店とはご縁をいただき出して、3カ月くらい。

月イチで訪店しています。

大よそ社長さんのイメージもつかめています。

 

僕よりずっと先輩の方で。

新しいことにどんどん取り組みたい。

営業もジャンジャンしたい。

そんな起業家精神旺盛の社長さんです。

 

しかし、そんなキャラクターからは想像できないのですが、二の足を踏まれる言葉が出てきたんですね。ちょっと意外でした。

…もちろん現状も、すごく理解できるんです。

ちょうど今やられている事がうまく行き出した。

忙しくなってきた。

まずは、その事業を一本立ちさせたい。

新しいことをするには、人手がたりない。

 

その状況、すごく分かるんです。

だけど、一方でこの流れを逃すのはモッタイない。

流れに乗って新しい何かに取り組む。

その糸口をつかんでおく。

僕は1つのポイントだと思ったんです。

 

そこで、社長さんに、こんな質問をしてみました。

 

「もしも、今の状況で、(できるできない別として)こんなの事やったらうまくいくかも?

こんな事やったら、面白いんじゃないか?

そう思われることはありますか?」

って。

現状突破する、魔法の質問

できるできない別として、

  • 今やってみたら面白いと思うこと
  • ヤッテみたいことは何か?

実はこれって、現状を突破する。

そのための魔法の質問です。

けっこう使えます。

 

これを問いかけることで、状況が一気に新たな展開になること多いです。

僕もサポートの現場で時々つかってますが、この質問の後に何かしら展開します。

 

これは業種や規模問わず、つかえる質問ですしね。

 

実際、先ほどご紹介したお店の社長さんにもこの質問を訊いてみました。

すると、ほんと当初はまったく予定もしていなかった、

「エッ、こんなことやるの?」

っていう、新たな展開に進んでいきました。

 

 

…現状、あなたはそんな事はないと思いますが、

もしも、どこかのタイミングで状況が停滞する。

新たな一歩をなかなか踏み出せない。

心がなんとなく重たくなった。

そんな時は、今日の質問を試してみてください。

 

「出来るできないはべつとして、、、、」

っていうのがポイントです。

今やってみたら面白そうなこと。

やりたいことって、何だろう?ってね。

僕がオススメする、「現状を打開する」魔法の質問の1つです。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。