やってしまいがちな「手書きPOP5つの間違い」

 

0c594ea099666d419dc1eace6aa14953_s

 

手書きPOPをお店に導入するにあたって、犯してしまいがちな過ち、

これって結構あります。

セミナーをしていたり、相談を受けたりしていて、よく感じます。

 

そこで今日は、成果を上げるPOPを書く上で特にやってしまう、

想い込みについて。

ここに触れてみたいと思います。

 

POPを書かれるあなたはもちろん、従業員さんにも当てはまらないか?

ぜひチェックしてみてくださいね。

やってしまいがちな手書きPOP5つの過ち~想い込み編

 

では、いきます。まず1つ目です。

1.キレイな字、かわいいイラストが描けないとダメ

もう、あなたもご存知ですよね、

成果を上げるPOPにキレイな字は必要ない、ということは。

かわいいイラストが描けなくても、成果を上げることは可能ですよね。

 

しかし、初心者の場合に多いのですが、

「私は字がきれいじゃないから、、、」

といって、まず字をうまく書くことから始めようとされる方がいます。

 

これはある意味、遠回りです。

時間と労力のムダになりますし。

あと、到達するゴールを間違いにつながります。

2.メッセージは短くないとダメ

これも結構多い誤った思い込みです。

  • POPに書くメッセージは、短くないとダメ
  • 読まれない
  • 成果が上がらない

そう思われている方、すごく多いです。

 

…あなたに1つ質問なんですが、

あなたがPOPを書く1番の目的は何でしょう?

お客さまに商品を買ってもらうこと。

ここじゃないでしょうか?

 

じゃあ、商品を買ってもらうためには、どうしないといけないか?

お客さまの心を動かさないとイケませんよね。

興味を持ってもらったり。

欲しいと思ってもらったり。

お客さまの心に働きかける必要がありますよね?

 

そう考えると、

  • 短いメッセージ
  • 長いメッセージ

どっちがお客さまの心を動かしやすそうか?

何となくお分かりですよね。

3.キャッチコピー、命!(笑)

【手書きPOP】=【目を引く言葉(キャッチコピー)】

そんな思い込みを持っている方、非常に多いです。

 

たしかに、キャッチコピーは重要です。

欠かせません。

POPで大切な要素の1つです。

 

しかし、ここを意識し過ぎるっていうのもキケンです。

その理由を話し出すと長くなるのでカンタンに伝えると。

 

POPを見る方っていうのは、来店客ですよね。

既にあなたのお店に来ている方です。

ここがポイントで。

ネット媒体などと違って、お店という範囲でお客さまが目にする情報って限られています。

ネットみたいに情報が溢れているわけではありません。

お客さまは、よっぽどの事がない限り(あなたのお店にPOPがメチャメチャいっぱいある等)、

あなたのPOPに気づき、

目にしている確率は高いということです。

 

もしも今、あなたのPOPが成果につながっていないとしたら、その原因はキャッチコピーじゃない可能性が高いです。

もっと他のところに理由が隠れています。

4.「POPを書くのが上手」と言われることに最高の悦びを感じる

これは、POPを書かれる従業員さんに顕著にみられるケースです。

 

POPを書いた。

まわりの同僚から

「●●さん、POP書くの上手だねー」

と言われる。

 

…もちろん、嬉しいですよね。

ただ、ここに悦びを感じ過ぎてPOPを書く本来の目的から遠ざかってしまうケースです。

 

もう一度、原点に戻りますが、POPを書く目的は、、、、

商品を売るということでしたよね?(←しつこい?(笑))

 

なので、「良いPOPが書けたかどうか?」

を測る基準は、「商品がどれだけ売れたのか?」

ここになるという事です。

5.商品のことを知らなくてもPOPは書ける

成果の上げるPOPを書く方の共通点。

それは、皆さん、本当に商品のことをよくご存知です。

あるいは、商品に対する特別な想い入れを持っています。

 

商品知識が豊富なので、

  • どんな問題を解決できるのか?
  • どんな人に喜ばれるのか?
  • 過去に、どんなお客さまが喜んだのか?

を知っている。

だから、POPのメッセージとして伝えられるんですね。

 

「POPは無言のセールスマン」

よく云われる言葉ですが、まさにこの事で。

  • 商品について詳しいセールスマン
  • 商品のことを全く知らないセールスマン

どっちがよく売るか?

というと、、、答えは明らかです。

時間と手間の浪費を防ぐためにも

以上、やってはイケない「手書きPOP5つの間違い」について挙げてみました。

 

今挙げた5つの項目のなかで、

「一体あなたは、いくつ当てはまったでしょうか?」

もしくは、あなたの従業員さんに心当たる事はなかったでしょうか?

 

時間と手間のコストを余分に浪費しないためにも、ぜひ一度チェックしてみましょうね。

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。