どっちが売れそうですか?

 

kids-143022_640

 

以下、2つの種類のメッセージ、

あなたは、どちらのメッセージが売れそうだと思いますか?

ちょっと考えてみてもらえますか。

 

まずはこちら。

  • 「ひんやり感がさらにUP!冷感敷パッド」
  • 「ひんやり冷感で、夏を涼しく過ごす冷感敷パッド」
  • 「ひんやりをまとう冷感敷パッド」

 

ちなみに商品は、冷感敷パッドです。

敷布団の上にしくと体感温度が下がるという、これからのシーズン大活躍のアレですね。

(僕のオヤジもつかってます(笑))

 

続いて、もう一方のメッセージ。

  • 「いつも夜、クーラーをガンガンつけまくる妻にプレゼントしました!」
  • 「これで夜寝る前、妻と喧嘩しなくなりますように…(笑)」
  • 「わが家の電気代が、安くなりました!(笑)」

以上、2つのタイプのメッセージ。

もしも、あなたがスーパーの寝具売場担当者だったとしたら、、、

どっちのPOPを採用しますか?

どっちを売場に並べますか?

なにもそこが悪いわけじゃない

いま挙げた2つのメッセージ、

その違いって、一体なんだか分かりますか?

 ・
 ・
 ・

それは、「日常感」です。

メッセージを通じて、

  • 日常を感じられるか?
  • 日々の生活で使うシーンをイメージできるか?
  • お客さまの日々の生活のなかに、商品がうまく溶け込んでいるか?

ここの違いなんですね。

 

われわれ、商品を売る側の人間は、 商品の特長やメリットを訴えかける場合が多いですよね。

ただ、それだとお客さまにはなかなか響かない。

僕のメルマガを読んでくださっているあなたなら、もう、ご存知だと思います。

 

…そこでポイントとなってくるのですが、お客さまに商品の特長や利点を伝えること。

なにも、ここが悪いわけではありません。

そこにプラスして、「日常感」を感じさせられるかどうか?

ここがカギになってくるのです。

日常からオリジナル感を出す

日常感を感じるPOPには、オリジナル性があります。

他店とは違う、あなた独自の訴えかけになっているんですね。

 

もう一度、さきほどの冒頭の2つのメッセージを見比べてもらうと分かると思います。

後者のメッセージ。

  • 「いつも夜、クーラーをガンガンつけまくる妻にプレゼントしました!」
  • 「これで夜寝る前、妻と喧嘩しなくなりますように…(笑)」
  • 「わが家の電気代が、安くなりました!(笑)」

さらに、これらのPOPのなかに、

あなた(売場担当者)の笑顔の写真が貼られていたら、、、 ?

どんな感じがするでしょう?

 

…あなたのお店の売場に並ぶPOP。

そこに書かれるメッセージから「日常」は感じられますか?

生活のなかで商品を使うシーンをイメージできるか?

(お客さまの)日々の生活のなかに、商品がうまく溶け込んでいるか?

ぜひ、チェックしてみてみましょう。

 

僕は、午後からのセミナーでこの辺りの話を参加者さんにしようと思っています。

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。