なぜ、もう1つ欲しくなったのか?

 

37846796c0d7582c3139f81d5332a030_s

 

僕たち小規模事業者は、 1つの案件から得る利益を最大化させる、

その必要があります。

 

大手と違って、つかえる資源に限りがあります。

・人的コスト
・販促コスト

が限られていますよね。

 

なので、起こり得る目の前の機会から、できる限りの利益を生み出す。

ちょうど僕が今植えているトマトのように、1つの苗からできる限り多くの実をならす。

そんな考え方が欠かせないんじゃないでしょうか?

 

つい先日も、そんなことを考えていたら、 ある1つのヒントが見つかりました。

次のが欲しくてたまらない…

つい、先日土曜日の娘の誕生日のこと。

そこでプレゼントしたオモチャの1つに、 こんなのがあったんです。

 

模型っていうのかな?

いろんなお店や風景が出来あがるキットが入っていて、それを組み立てるオモチャです。

感じからいうと、プラモデルのもうちょっと凝った高級版。

それを土曜日におもちゃ屋さんで購入。

(※ちなみに僕と妻は、ボードゲームをお勧めしたんだけど、娘はこれを切望しました)

 

早速、土曜日の夕方から日曜日の朝にかけて3人で製作。

…製作時間5時間くらいでしょうか。

日曜日のお昼11過ぎに完成しました。

それがコレ↓

 

DSC_0124

けっこうリアルにできてるんです

 

妻:「こうして見ると、けっこうイイよねー」

僕:「また欲しくなるね」「次買うとしたら、どれがいい?」

…こんな会話をリビングで娘にしていたんです。

 

3人の満足度はかなり高く。

大人の僕と妻も、予想外の出来映えに驚き。

ほんと、もう今からスグにでも次のを買いに行きたい。

「今からおもちゃ屋さんへ行く?」

そんな勢いです。

実際、 「次は、たこ焼き屋さんがいい!」 って、娘は言ってましたから(笑)

 

でもね、そこは大人の理性で必死に抑えました。

「続けて買ったら、すぐ飽きるやん」ってね。

 

でもね、それくらい僕たち3人の、買いたいという欲求は強くなっていたんです。

そして、運がいいのか?悪いのか?

僕たちのその欲求をさらに後押しする、あるツールがそのオモチャには付いていたんです。

明らかに僕たちは、そのツールをキッカケにして盛り上がってました。

 

…さて、ここが今日のポイントです。

僕たち家族の「次のも欲しい!」という欲求を駆り立てた、その(1つの)ツールとは?

なぜ、そこまで欲しくなったのか?

その要因は、1枚の紙にありました。

今回のキットを作り終えて3人で

「何を買う?」

と話していたとき、僕たちの目の前には、A3サイズのスカイブルーの紙がありました。

 

「●●●の手作りドールハウスキット」

と1番左上の見出しに書かれ、 その下には、30個の模型完成写真がズラリ。

さらに、

「昭和シリーズ」とか、

「街道シリーズ」とか、

シリーズごとにお店や風景が載った商品カタログです。

 

僕たち3人はそれを見ながら盛り上がっていたんですね。

 

この1枚の紙が僕たちの盛り上がりに影響を与えたことは、火を見るより明らかでした。

この1枚の紙があることで、僕たちの脳は、「次買う商品」にロックオンされてました。

 

たった1枚の紙なんですけどね、、、

ここまで、人間の欲求をかき立てるんだ、、、

僕のなかでちょっとした気づきになりました。

1つのお客さまとの「接点」

今回の場合であれば、誕生日プレゼンとにキットを買った事。

これが、お店(メーカー)とお客の接点です。

 

その1つの接点(機会)を次につなげる。

1回きりのご縁で終わらせない。

忘れてはならないポイントじゃないでしょうか?

  • 人的コスト
  • 販促コスト

が限られている、小規模事業者だからこそ、意識したいピッタリの考え方ではないでしょうか?

 

実際、ある地方の温泉宿では、顧客との接点(年に2回のダイレクトメール)にある一工夫をプラス。

結果、250枚のDMを配布、

5,000円以上の高単価商品を70件以上の受注。

そこで得られる利益を最大化させました。

そして、今でもお店の仕組みの1つとして稼働し続けています。

 

  • 販促コストに限りがある
  • 働く従業員さんも多くない

だからこそ、1つの接点(機会)をムダにしない。

得られる利益を最大化させる。

僕たち小規模事業者が肝の銘じておきたい、1つの教訓ですね。

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。