手書きPOPで商談成立~とある食品メーカーの話

手書きPOPセミナー大阪

hand-427504_640

手書きPOPといえば、小売のツール。

そんな風に思っていませんか?

 

今の時代は、そうではありませんよ。

小売以外の業種。

たとえば、B-to-Bの卸し。

製造業(メーカー)でも、手書きPOPは活躍しています。

 

ある食品メーカーさんでは、手書きPOPがあったことで商談が決まりました。

手書きPOPが取引先バイヤーの背中を押しました。

とある食品メーカーさんの話。

2年くらい前から関わらせてもらっている、ある食品メーカーさん。

メインの得意先は、地元のスーパーや道の駅、お土産店などです。

そこへ自社商品を卸されているんですね。

 

社長さんがものすごく積極的な方で。

新しいことに対して意欲旺盛。

僕のセミナーに参加くださり、ご自身の業務に手書き販促物をつかえないか?

と考えられました。

そして現在、POPやニュースレターをつかった販促の仕組みをつくられています。

 

…ある時のこと。

新規の取引先のバイヤーさんが会社へ来られました。

目的は、商談です。(この時点では、取引はまだ)

 

条件的な話や、製造工程、その他もろもろの話をされました。

しかし、その会社の商品はけっこう競合の多い商材なんですね。

普段づかいの(ニーズ色の強い)商品なので、価格を重視するお店も多いんです。

だから、商談も一筋縄でいかない。

なかなか即決となりません。

そこで、その会社の社長さん。

タイミングを見計らい、あることを仕掛けました。

 

手書きPOPをバイヤーさんに見せられたんです。

 

「このようなPOPもつくっているんです。

 商品を納品する際には、一緒にお付けしています。」

といったことを添えて。

 

するとね、先方のバイヤーさん、どんな反応されたと思います?

 

「おぉー!」

みたいな。

手書きPOPに視線が釘付けになりました。

「へぇー、こういうのも作られているんですね」

そこからまた話が咲きだした。

 

というのも、先方(取引先)は、手書きPOPに力を入れている会社さんだったんですね。

店舗にも、手書きPOPがいっぱい設置されている。

売場には溢れているらしいです。

従業員さんがPOPを書かれるんですって。

 

…その後、社長とバイヤーさんの話は進みました。

後日、サンプルと正式な見積もりを送って、取引がスタートすることになりました。

販促物で、見る目も変わる

今回の一件。

商談が成立したすべての要因が手書きPOPにある。

とは言いません。

しかし、手書きPOPがあったことで、成約の後押しをしたことは間違いないでしょう。

バイヤーさんの興味を引きました。

見る目が変わったはずです。

 

というのもね、しっかりとした販促物があれば、相手の印象も変わってくるんです。

(これは僕自身も前職の営業時代に感じたこと!)

 

今回の場合であれば、手書きPOPですよね。

それを見たときに、

「あぁ、ここの会社はしっかりしてる」

そういう印象を取引先に与えるのです。

  • ここまで力を入れて、手書きPOPをつくっているんだ
  • 自分たちの商品への強い想い。
  • それを何とかして伝えようとしてる
  • 商品一つひとつへの向き合い方が違う
  • 細部にまで気を利かせている

っと、そんなことを相手は感じるのです。

結果、

「この会社となら、安心して取引できそうだ」

っとなっても、おかしくないですよね?

 

…例えば、あなたがバイヤーだったとして商談の際に、

  • 商品だけを提示する会社
  • 商品と一緒に自分たちでつくった手書きPOPを提示する会社

最初の印象、どっちがいいですか?

 

手書きPOPというのは、小売だけのツールじゃない。

製造業(メーカー)、卸しにも必須。

気の利いた販促物(手書きPOPなど)があることで、商談相手は好印象を持つ。

相手は、安心して取引ができるのです。

 

もしも、あなたが卸しの業務をされている。

しかし、まだ手書きPOPを活用されていないのなら、、、今すぐ手書きPOPをつくってみる事を強くオススメします。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。