【手書きPOPの書き方】何を書いたらいいのか分からない方へ

 

breakfast-1005460_640

 

手書きPOPにとっての最大の悩みの1つ。

 

「何を書いたらいいのか分からない、、、」

ここに尽きるのではないでしょうか?

手書きPOPのセミナーをしていても、やっぱり参加者の皆さん、ここで悩まれます。

 

そこで、手書きPOPに書くメッセージ。

これを考えるためには、どうすればいいのか?

今日は、その1つのヒントになる話をお伝えします。

 

「…どんな視点で考えれば、メッセージは考えやすいのか?」

一緒にみていきましょう。

話すように書く

ズバリ、あなたにお伝えする手書きPOPを書くためのヒント。

それは、コレ。

話すように書く、です。

 

…あれ?

じゃっかん反応が薄い感じが。。

気のせいですか?(笑)

 

話すように書く、、、って言われたって、、、と思われたかもしれませんが。

実はこれって、手書きPOPを書く上ではけっこう重要なポイントなんですよ。

 

 

…また話題は、セミナーの話になりますが。

参加者さんにPOPを書いてもらう。

実習タイムになると、皆さん苦労されます。

それこそ、何を書こう、、ってね。

その時に、少しこんなやり取りをするんです。

 

僕:

「普段お店にいたら、お客さまに何かよく聞かれることとかないですか?

 商品について、質問されたりとか、、」

 

参加者:

「うーん、どうだろう、、何か質問されるかな?

 そういえば、関係ないかもしれませんが。

 この間お得意先に行ったとき、、、●▲×*@なこと言われました」

 

僕:

「ほーぅ、それでどうお答えされたんですか?」

 

…こんな感じでやり取りをすることがあるんです。

そして、この話を膨らませていくと。

すると、参加者さん、ここから一気にエンジンに火が点きます。

結構いろんなお話ししてくださいます。

 

実は、ここがポイントです。

アナタが普段話すことを書く

手書きPOPは無言のセールスマン。

こんな言葉、聞かれたことありませんか?

 

要は、手書きPOPは、あなたの代わりに商品を売ってくれる存在。

分身。

代わりのセールスマンなのです。

 

なので、あなたがお客さまに普段話されること。

それを手書きPOPにも話してもらう。

代わりに喋ってもらう。

この考えたがポイントなのです。

 

例えば、あなたがイベント販売によく行かれるのなら。

そこでお客さまに話した時に、

  • よく購入につながるトーク

あったりしませんか?

 

もしくは、お店にいると、

  • よく質問されること

そのときに、

  • アナタがお答えされる言葉

ないですか?

このような事を思いだし、手書きPOPのメッセージにしていくのです。

 

(あなた以外の方(スタッフさん)が書かれるのなら、その方に思い出してもらいましょう)

 

そしてここでのポイントは、

「まるで、目の前にお客さまがいるかのように書く」です。

 

文章にするっていうので、ヘンにかしこまったりせずに。

  • 普段、お客さまに話すこと
  • 話す口調
  • 話すトーン(雰囲気・テンション)

を意識しながら、書いていく。

すると、そのあなたの気持ちがメッセージとなって、お客さまに届くのです。

 

「手書きPOPに何を書いたらいいのか分からない、、、」

今度そうなった時には、普段、あなたがお客さまに話していること。

そのシーンを思いだしてみてください。

そして、その時に話していることを(多少長くなってもいいので)メッセージにしてみましょう。

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。