セミナーで「ドツボ」にはまる

 

fear-1172407_640

 

「どうやったら笑ってくれんねやろぅ?」

話せど話せど、参加者の反応は薄い。

背中にはジワッと汗が。。

 

まさに、昨日のセミナーはそんな状態から始まりました。

順調な滑り出しのはずだったのに、、、

昨日、手書きPOPのセミナーだったんですね。

今月2回目のシリーズ開催です。

 

僕は、30分前に会場に到着。

トイレを済ませ、部屋に近づくと、担当者さんの姿が。

セミナーで使う資料を配ってくださっていました。

 

「こんにちは、今日もよろしくお願いしますね」

挨拶をすませる。

「…最近なんか面白いことありますか」

とか言いながら、10分くらい話していたんでしょうかね。

 

次第にセミナー参加者さんも次々と部屋に入って来られました。

 

席に着かれた方と、順に名刺交換をする。

「セミナーの内容に反映できることがないかな?」

参加者さんがされているお仕事のことや、手書きPOPを書かれたご経験など。

参加者さんと話をしながら、その辺りも聞かせてもらい、、

 

そうこうしていると、セミナー開始の時間になりました。

セミナースタート!

担当者さんのあいさつ、説明が5分くらいで終わり。

そして、僕にバトンが渡されました。

「手書きPOPセミナー」のスタートです。

 

手書きPOPセミナー 高知

こちらは昨年、高知県でおこなった手書きPOPセミナーの様子

 

参加者さんは、初めてお会いした方ばかりだったので、自己紹介を簡単に。

大阪の産直店で働いていたことや、

なぜ、僕が手書きPOPをやり始めたのか?

といったことを3分くらい話したのかな。

 

…その間(自己紹介をしながら)、参加者さんのお顔を見てたんですね。

 

「どんな感じだろう?

 緊張ほぐされたかな?

 興味持たれているかな?(午後1番の時間だったので)眠くなさそうかな?」

とか、参加者さんの様子をみるという意味を込めて、皆さんの表情をうかがっていたんですね。

 

すると、、、どうも反応が薄い。

想定していたより、皆さんの表情がない。

 

僕の場合、大抵セミナーの始まりっていうのは、皆さんの反応は薄い傾向があるんです。

皆さん、場に慣れるまでに時間がかかったりするので、ね。

 

…にしても、ちょっと。。

 

例えば、僕の右斜め前に座られていた女性の参加者さん。

お顔を上げて、ずっと僕の方を見てくださっている。

視線を合わせてくださっている。

 

…んだけど、笑顔はゼロ。。

 

笑ってもらおうと、僕が(僕なりに)面白い(と思う)話をする。

だけど、ニコッっていう笑いはなし。

頷いてはくださるんだけど。

 

まぁ、いつも通りといえば、いつも通り。

想定内。

僕がセミナーの初っ端から笑いをとりまくる、、そっちの方が稀なんですが(笑)

でもね、さすがに僕も焦るわけですよ。

場の雰囲気がカタいとね。。

 

そこで、僕がとった行動。

  1. 僕自身が思いっきり「スマイル」をつくってみた
  2. 手書きPOPを「書くワーク」の時間にした
  3. サッカー本田圭祐選手の「モノマネ」をした

いったい何をしたと思います?

お客さまとの距離を近づけるワザ

セミナー開始スグの僕は、かなり焦ってました。

思ったように参加者さんからの反応がない。

欲しかった笑いがない。

そこで、その場を打開しようとある事をしました。

 

…実は今話したようなチュエーション。あなたの日々のお仕事の場でもないですか?

 

例えば、来店されたお客さまの接客をされるとき。

  • 入店されたお客さまを見つける
  • ご挨拶をしようと近づく
  • 話しかける

こんな事をした時に、お客さまの反応が薄い。

後ずさりをする。

会話が続かない。

…僕は産直店時代によくあった光景の1つです。

 

常連さんだと、勿論そんなことはないのですが、初めてっぽいお客さま。

僕も仲良くなりたくて、お店に馴染んでもらいたくてアプローチする。

よくやってました。

そして、よく玉砕もしてました(汗)

 

でも、ある時からその玉砕の確率もずいぶん減りました。

お客さまに近づく時に、ある事をするようになったのです。

  • 商品を見せたり
  • 試食を提供したり
  • 商品の品出しをしたり

何かのアクションをしながら、お客さまに話しかけるように心がけたんです。

すると、明らかに反応は良くなりました。

結構な確率でお客さまと会話を続けることができました。

その後も仲良くなり、リピートしてくださるお客さまも増えました。

 

…お客さまに近づくときに、

  • そのまま何もせず…か?
  • 何かをしながら…か?

たったコレだけでの違いだったのですが、お客さまからの反応は大きく変化しました。

お客さまとの距離。

心理的距離をずいぶん近づけることができたように思います。

 

…ちなみにですが、昨日のセミナーで僕がとった行動。

それは、、

3.「手書きPOPを「書くワーク」の時間にした」です。

 

参加者さんにPOPを書いてもらうと、たいてい皆さんの表情は柔らかくなります。

ヘタに僕が喋るよりもね!

笑ってもらおうと喋ればしゃべる程、大抵ドツボにはまるのがオチです(笑)

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。