平成10年生まれ…の彼らが見る雑誌って?

 

64aeb91c4fa4a0647b6ab07ccef0c956_s

 

「授業の内容はお任せします。

 ちなみに今回は、1年生が対象です。」

 

…昨日、ある大学の先生と打ち合わせした時のこと。

 

来週の授業の生徒は、1年生。…18歳。

平成10年生まれのみんなが対象です。。

さて、、、

授業の打ち合わせ

来週、とある大学校で授業があるのですね。

「POPコミュニケーション」

手書きPOPを通じてコミュニケーションを学ぶ、という授業を受け持たせてもらっているんです。

 

手書きPOPって、単に言葉選びのツールじゃなくて。

  • お客さまがどんなことを考えているのか?
  • どんなメッセージを送ると、お客さまに共感されるのか?
  • より良い関係をお客さまと育むには?…etc

こんなことを考えるのが大切。

そして、これらは(POPの1番の目的である)モノを売ることだけじゃなく、日々のコミュニケーションにも役に立つよ。

という考え方が根底にあります。

そして、そのポイントを生徒さんにも学んでもらう授業なんですね。

 

さらに今の時代って、「販売力」が必要な時代ですよね。

どんな職業、職種についてもね。

モノを「売る」というチカラは必要不可欠です。

POPで「売るチカラ」を学びつつ、「コミュニケーション力」も一緒に付けようという授業です。

 

…っで、昨日はその打合せでした。

授業内容の最終確認をご担当の先生としていました。

つい1週間前のことじゃ、、、?

授業をやる僕としても、こんなことを考えます。

  • 生徒の興味を引き出したい
  • 高いモチベーションを持って、授業を受けてもらいたい
  • なおかつ、生徒の今後に役に立つ

そんな授業にしていきたい。

そう思うわけです。

 

…そこで生徒が興味が持つことって何だろう?

そんなことを考えるわけです。

 

ちなみに(冒頭でお話ししたように)今回の生徒は、1年生。

18~19歳のみんなです。

そして、これを今書きながら気づいたんだけど、計算してみると彼らは平成10年生まれなんですね。

ちょっと待ってョ、、平成10年って。。。

それって、、、ついこないだの事の気がしません?

つい1週間くらい前に過ぎたことのような気がするんだけど、、、(笑)

平成10年生まれの皆が読む、雑誌って?

販促物の世界で、よく云われている話にこんなのがあります。

勉強熱心なあなたなら、耳にされたことがあるのではないでしょうか。

お客さまが読む雑誌、TV、メディアに触れろ。

 

お客さまのことを知ろうと思ったら、

そのお客さまが読む雑誌や観るTV、メディアにあなたも触れようという話です。

  • お客さまの価値観(信条)を知る
  • 同じ視点に立つ
  • お客さまの興味を知る

要は、こういう事です。

 

例えば、お客さまが読む雑誌を読めば、

  • お客さまの興味を持っていること
  • 考えていること
  • 信じていること

が分かる。

そして、その分かった何か(●●)に触れたメッセージをつくる。

話題にするというわけです。

 

…さて、これを今回の僕の場合に当てはめてみると。。

平成10年生まれの18歳の生徒たち。

  • 彼らは、一体どんな雑誌を読んでいるのだろう、、?
  • どんなTVを観ているのだろう、、、?
  • どんなメディアを使っているのだろう?

うーん、、、、僕はまったく想像もつかないのですが(笑)

 

…まぁ、僕の話はさておき、あなたの場合はどうですか。

あなたのお客さまがよく読まれていそうな雑誌って、どんなのでしょう?

どんなTV番組を観られてそうですか?

あなたのお客さまに今日の話を当てはめてみると、どうなりそうですか?

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。