わざわざ来店してもらうお店になる

手書きPOPセミナー大阪

 

000588cca3b7383b52e318b620c605b0_s

 

僕が住んでいる地域(高知県)の特性がらか?

地方でご商売をされている方とのご縁をいただくことが多いです。

 

そして、多くの店主さんがこうおっしゃられます。

「わざわざ来てもらえるお店ににしたいんです」

「うちへ目がけて来てもらえる、そんなお店にしていきたい」と。

 

年々、地域の人口は減っていく。

イコール、それは見込み客の減少にもつながることで。

ただ待っているだけではお客さまは来てくれない。

店主の皆さんが痛いほど実感されています。

どうすれば、わざわざ来店してもらうお店になれる?

いきなりメインテーマに突っ込みました(笑)

ご商売をされていれば皆が目指すところの1つではないでしょうか?

 

他にも同業店がある。

だけど、わざわざアナタのお店を選んでやって来てくれる。

そんなお客さまに囲まれて、商売をする。

達成していきたいところですよね。

 

冒頭でもお話ししたように、地方の状況は厳しいです。

どこの町でも人口減の問題を抱えています。

そんな中、わざわざ来店してもらえるお店になるには、一体どうしたらいいのでしょうか?

 

「…ご存知でしたら、教えてください!」

と言いたいところですが(笑)、今日は僕なりの意見を2つお話しします。

1.モノでの差別化はむずかしい

まずは、ここが挙がるのではないでしょうか。

 

販売している商品を、お客さまに選ばれる要因にする。

これっていうのは、かなりハードルが高い1つだと考えています。

要は、

  • 「これは、うちにしか売っていない商品ですよ」
  • 「他店では手に入りませんよ」
  • 「だから、うちへ来店してください」

という理由を打ちたてて(訴求して)、お客さまに選ばれる。

それっていうのは、難しいんじゃないかと。

 

僕がご縁をいただいているお店さん。

皆さん、素晴らしい商品を提供されています。

飲食店さんであれば、材料にこだわり、調理にも時間と手間をかけられている。

それこそ、可能な限りの手を加えられている。

そう感じます。

ただ、ただ、、そこっていうのは、(誤解を恐れずにいうと)それらの施策というのは同業他店でも同じようにやられている。その1つだと思うんです。

多くの飲食店さんが、原材料にこだわり、手間暇をかけてお料理をつくられている。

そうなんじゃないでしょうか?

 

商品を伝える。

商品力で訴えかける。

そして、「わざわざ来店してもらえるお店」になる。

それっていうのは、かなり厳しいハードルが立ちはだかる。

そんな風に感じませんか?

2.【モノ】+【アルファ】

モノだけが厳しいのなら、プラスアルファの要素で訴えかける。

1つのやり方になってきます。

 

例えば、僕がお勧めしている手法は、プラスアルファの部分に【手書き販促物】を当て込むやり方です。

手書き販促物というのは、従来の販促物(デザイナーさんが作られるPCで製作されるモノ)とは違い、人を感じやすい。

  • つくった方の存在や人柄を感じやすい
  • 書いてある文面や文字から、その書き手(店主さん)の想いが伝わりやすい
  • 身近に感じる

結果、販促物をつうじてお客さまと関係性をつくりやすいのです。

単に、モノを【売る】⇔【買う】以外の感情が生まれやすい。

言ってみれば、血の通った関係性ができる。

この感情の伴う関係性こそがポイントで。

「わざわざ来店してもらえる」ための要因の1つになってくるのです。

 

  • 「あの人のところで買いたい」
  • 「●●さんに相談してみよう」
  • 「あのお兄ちゃん、感じがいいし」

言葉にすると、他愛もない会話の1つかもしれません。

しかし、こういったやり取りができるお店になる。

その1つのキッカケづくりとして、手書き販促物を活用する。

これが、今日のテーマである「わざわざ来店してもらえるお店」になる、その突破口の1つになるのではないでしょうか。

 

僕自身、10年以上前に働いていた大阪の産直店がまさにそうでした。

「お兄ちゃんに会いに来たんよ」

「お兄ちゃんが勧めてくれるんやったら、間違いないわ」

「また来るわ」

そんな風に言ってくださるお客さまに囲まれて、毎日過ごしていたような気がします。

 

…わざわざ来店してもらえるお店。

そう簡単なテーマではありませんが、僕たちのような小規模事業者。

特に、地方でビジネスをする場合に欠かせないテーマになってくるはずです。

というわけで、今日も地域のお店のかたと一緒に取り組んで来ます。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。