セミナー参加者さんとのやりとりで…

 

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

 

先週の金曜日。

手書きPOPセミナーのとある会場でのこと。

 

開始まで時間があったので、参加者と名刺交換に。

その中のお一人に、雑貨店の女性店長さんがいらっしゃいました。

セミナーの開始時間まで、あと15分。

誰からともなく、その場にいた皆さん同士での名刺交換が始まりました。

 

そのとき、僕は部屋の左前の隅っこ。

ホワイトボードの横に座っていたんですね。

参加者さん同士での名刺交換が始まったので、「僕も」と思ってかばんから名刺入れを出しました。

まず最初に向かったのは、僕と反対側に座られていた女性2人組。

(お一人は、お手洗いか何かで席を外されていました)

 

「臼井と申します。今日は2時間、楽しんでいきましょうね」

そんなことを言いながら、名刺を渡しました。

 

「ごめんなさい。私、名刺ないんです」

そう言って、女性は頭を下げながら名刺を受取ってくださいました。

 

そのあと、

「…POPを書かれたこととか、ありますか?」

とか言いながら少しやり取りをしていると、もうお一人の女性も部屋に帰ってこられました。

女性づてに僕の名刺を受け取られました。

そして、ご自身のものも出して僕にお渡しくださいました。

 

「今日はよろしくお願いしますね。・・・アレッ?」

その方の名刺を見ると、そこに書かれている社名。

それは、僕が知っている会社のお名前だったんです。

 

たしか、僕が前職でよく一緒にお仕事をさせてもらっていた●●さんのお父さんが、社長さんだったのでは?

そんな記憶が僕の頭のなかに浮かんで来て。

「あっ、●●さん(会社名)でいらっしゃるのですね。

 僕、よく存知あげていますよ。

 前職でも、●●会社の▲▲さんにお世話になっていましたよ」

お話ししてみたんです。

 

…っが、目の前の女性の方の反応は薄い。

僕の名刺を持ちながら、動かれません。

何か必死で考えている感じです。

(ちょっとこれって、ヤバい感じ!?)

 

「…もしかすると、それは、●●という会社さんかもしれません。

 同じ業界なのですが、うちとは違うんですよ」

 

同じ業界。

同じ業種。

同じ地域の会社さん。

だけど、ちょっとだけ会社が違っていたようです。

僕の記憶違いでした。

 

手書きPOPセミナー 高知

こちらは先日おこなった山口県での手書きPOPセミナーの様子

写真入りは、好まれる

さて、販促物において、写真は効果的。

手書きPOPに写真をつけた方が目に留まりやすい。

あなたも、何となく実感されているのではないでしょうか?

 

ある興味深い実験報告があります。

レントゲン技師がレントゲン写真を見るときに、患者の写真がカルテに入っていたほうが患者に親しみを感じる、そう答えたそうです。

これって、ちょっと面白くないですか?

なにか僕たちに学べることがありそうな気がしませんか?

 

一般的に、僕たち人間はストーリーに共感しやすい生き物。

そんな風に言われています。

なので、何かモノを売るときに、うまく物語性を出すといい。

共感されやすくなるよ。

そんな事、あなたも一度は耳にしたり、学ばれたことがあると思うんです。

 

実は、ここにポイントがあって。

手書きPOPにも同様のことが言えます。

 

売場でお客さまにアプローチする販促ツール。

これが、手書きPOPです。

基本、売場にはあなたはいない。

あなたが売場に立つ代わりに、手書きPOPを置いておく。

そして、手書きPOPに商品を売ってもらう。

 

…ただ、その時に、お客さまに何かしら共感してもらうには?

 

そこに人はいない。

だけど、その手書きPOPの文面を通して、何かしらの感情を抱いてもらう。

そのために、できる事といえば?

手書きPOPに一体何をつかえばいい?

 

共感を得ることがあなたのお仕事(販売)に役立つのなら、写真を使わない手はないのかもしれませんね。

 

冒頭のセミナー参加者さんとのやり取りにあった会社さん。

双方ともに、僕は一度もお伺いしたことがなかった。

お名前だけ知っていたんですね。

そこが、記憶違いを引き起こした1つの要因かもしれません。

一度でも訪れて、映像(写真)として僕の頭にインプットしていれば、今回のような間違いは起きなかったように思います。

 

写真を通して何らかの感情を抱く。

それが共感として受け止めてもらえるのなら、僕たちの販促活動にも役立ちそうですね。

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。