「こんなに売れてるとは思ってませんでした」

 

07cb1a53e036b78581f515f8db2a2f1e_s

 

昨日、販促サポートでお伺いしたお店でこんな事がありました。

 

そのお店というのは、薬局さんなんですけどね。

今一緒に物販の仕組みづくりに取り組んでいます。

 

っで、前月の訪問時に、従業員さんと手書きPOPを導入開始。

  • 重点販売商品のピックアップ
  • 手書きPOPの設置

この2点をおこなったんですね。

それで、1カ月経過。

その報告をおうかがいすることになった。

その時のお店の代表の方の言葉が非常に印象的でした。

「こんなに売れてるとは思ってませんでした」

  • 手書きPOPを設置する前の1カ月間
  • 手書きPOPを設置後の1カ月間

POPをつけた商品の売上数量を比較したのです。

実際に数値を計測して、どれくらい変化があったのか?調べてみた。

(僕もその数字が書かれたメモ書きをいただきました)

 

っで、その代表者さんもその数字を見られた。そして、

「えっ、そんなに売れているとは正直思っていませんでした。

 毎日、お店で過ごしている感じでは、売れていないよなぁ、、という印象だった」と。

 

実際のところでいうと、(手書きPOPを付けた)ある商品の売上は前月の180%になっていました。

これって、ちょっと面白くないですか?

お店の方の「肌感覚」と「実際の売れ数」、ここに誤差があったのです。

肌感覚は曖昧

昨日も話をしました(コチラ)が、手書きPOPで成果をより早く、より多く上げようと思ったら、数値を出すっていう行為がポイントです。

 

「POPを設置したことで、売上にどんな変化が起きたのか?」

数値をして出す。

感じる。

「肌感覚」じゃなくって、「数値」として確認する。

ここがすごく重要だったりするのです。

 

…もしかすると、そんなの当たり前のことじゃん!

って思われるかもしれないんです。しかし、その当たり前をキチッとやるっていうのがポイントです。(やられないお店が結構多い)

 

実際、今回の薬局さんがそうだったわけですよね。

日々の肌感覚では、

「あんまり売れていないよなぁ」ということだった。

しかし、実際1カ月間の売れ数を数字にして出してみると、前月比180%

 

これが、もしも数値として売れ数を出していなかったら、この後どうなっていたと思います?

 

代表者さん:

「あぁ、あんまり売れていないわね」

「手書きPOPって、そんなに簡単に成果はでないのね」

「…あっ、お客さまだ!」

日々の業務の忙しさで手書きPOPはいつの間にやら、、、

そんな展開を想像するのは難しくありまんよね?

実際、多くお店がこの道を歩まれています。

 

しかし、こちらの店舗さんは、違いました。

実際に「数値」で確認することで、次へのモチベーションを継続できた。

手書きPOP実践のギアを一段階上げられました。

「手書きPOPをつかって、どうやって売上を上げていくか?」

継続して結果を残すその方法について、来月の計画を立てられました。

 

…「肌感覚」と「実際の数字」。

ここの違いで、この先歩む道も違ってきます。

必然的に、そこから得られる結果も変わってくるのではないでしょうか?

 

 

nyumonguide

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。