僕たちの成果を妨げているもの。

 

puffer-fish-882440_640

 

 

ここは、山口県のとある定食店。

そこにいた僕たち3人の視線は、壁に貼られた1枚の紙に釘付けになっていました。

 

「すっぽん7,500円 要予約」

壁に貼られた1枚のメニュー

昨日仕事でうかがっていた、山口県の定食店での話です。

ある企業さんの手書きPOP研修が終了。

午後に備えて、お昼ご飯をしていたときのこと。

 

「ここは、天丼が有名みたいですよ」

企業の担当課長さんの言葉もあって、そこにいた3人(僕と担当者さんお二人)は全員天丼を頼むことに。

お料理が来る間のちょっとした時間。

 

「いやぁ、よかったですよ。研修。

営業をご経験されているだけあって、最後は営業の根幹につながるお話になりましたね。

手書きPOPも大切なところは、営業と同じなのですね」。

 

僕たちは、午前中の研修の振り返りをしながら、さっき注文をした天丼を待っていました。

(ちなみに僕たち3人が座っていたのは、畳の座敷)

すると、正面に座られていた課長さんが視線を右斜め上に向けながら、話されたんです。

 

「おぉー、スッポン食べれるんだ。

そういえば、さっきもスッポンがいましたよ。黄色のたらいに入れられていましたよ。

やっぱりお高いですね。」

 

「…んっ?なんだろう?」

と思って、僕もそっち(僕の左にあった壁のほう)を見てみたんです。

すると、そこには1枚の紙が。

すっぽんあります。ご要望に応じてお料理いたします。3日前に予約必要。7,500円

と、手書きで書かれた張り紙が。

 

「おおぉー。スッポン食べられるんですね。

この辺りは、結構いるんですかね」

なんて言いながら、僕も、

「何か他に貼っていないかな?」

と思って周りの壁をグルッと見回しました。

 

すると、僕の正面。ちょうど、お店のカウンター席の上の壁です。

そこにも1枚の30㎝四方の紙が貼られているのを発見。

「下関 ふぐ料理」

と書かれた、広告のような紙が見えたんです。

 

「あっ、そういえば、山口県っていえば、ふぐなんですよね?」

思いだしたかのように、前に座られていた課長さんに話しかけました。

 

「そうですよ。山口はふぐですよ。食べられますよ。

その辺りのスーパーでも、普通にふぐが売られていますしね。結構ならんでいます。

…でもね、そんなにしょっちゅう食べないですよー。お客さまが来られたときに、接待でご一緒させてもらうとか位です。

家でじゃんじゃん、っていうことはないです(笑)」と。

 

あー、なるほど。高知の鰹と同じだ、って僕も。

高知県のイメージって、どんなのですか?

…もしかしたら、このようなイメージって持たれていませんか?

【高知県】=【鰹のたたき】

 

僕も高知へ住み出して10年になります。

っが、そんなにしょっちゅう鰹のタタキは食べていません。

 

「週に1回、夜ご飯に鰹のタタキが出てくるか?」

「家で、お父さんが鰹をわらで焼いてるか?

っていうと、そんな事ないですね。

お父さんやお母さん、家で鰹は焼いてません(笑)

飲み会とかへ行って、そこで注文して食べる。

たまーに、食べたくなって久しぶりにスーパーで買ってみる、みたいな感じです。

【●●】といえば、【■■■!】

結構僕たちって、事前に先入観(イメージ)を抱いている場合って多いです。

先ほどの、【山口】=【ふぐ】、【高知】=【鰹のたたき】

みたいな感じでね。

 

…実は、これと同じことを販促物でもやっていたりします。

 

本で見たりなのか?

過去に誰かから聞いたことなのか?

それとも、なぜか頭に入ってるイメージなのか?

僕たちみんな、それぞれにイメージや先入観って持って販促活動に取り組みがちです。

  • …文章は長いと読まれない?
  • …イラストがあったほうが読まれる?
  • …成果出ていないのは、目に留まっていないから?
  • …色づかいが大事?
  • …インパクトのある言葉がないとダメ?

これらも、ある販促物に関する先入的なイメージです。

今これを読んでくださっているあなたなら、もうお分かりじゃないでしょうか?

…そう、手書きPOPに興味を持たれている方が抱く、先入観の一部です。

 

どこかで聞かれたのか、、、?

読まれたのか、、?

教えてもらったこと、、、なのかもしれません。

 

ただ実際のところから言えば、先入観をくつがえす。

手書きPOPを始めるときに抱かれているイメージ。

そことは違うケース(事例)って、結構多く生まれています。

例えば、その1つとして、「手書きPOPの文章が長くても、成果を上げている」そんなお店も多いです。

 

あるパン屋さんでは、手書きPOPを活用して主力商品の売上を143%達成しました。

そこで使われているPOPのメッセージ、かなり長いです。

「こんなに長く書いて、お客さん読むの?」

って思っちゃうのでは?っていうくらい長い文章です。

(実際のそのパン屋さんの店主さんも最初はピン!とこなかった)

だけど、堅調に成果を上げられています。

…文章の長い手書きPOPで、です。

僕たちの成果を妨げているもの。

実は、その1つに、「先入観」というのがあるかもしれません。

●●といえば、■■■!

事前に考えているイメージが邪魔をして、成果につながっていない。

そんなケースが意外とあるのかもしれません。

 

さて、最後に1つ質問です。

「あなたが手書きPOPに対して、抱かれているイメージってどんなものですか?」

一度、書き出してみましょう。

もしかすると、その手書きPOPに対するイメージが、成果へつづく道の「壁」になっていないでしょうか?

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。