タコみたいに足がいっぱい

 

0db048322406acb3c631aeeed97e7002_s

 

今の小学校、変わってきてるんですね。

校舎も僕たちの頃と比べて、ずいぶん違ってきますよね。

先日、娘の授業参観で感じました。

 

例えば、その1つ、

「オープンスペース」。

これって、何の事だと思います?

ぼく、全然馴染みがなかったんですが。。

タコみたいに足がいっぱいの校舎

僕の勝手な印象なんですけども、今の校舎って「タコ」みたい。

横に長い。

そして、足がいっぱいある。

そんなイメージです。

 

実際、娘が通う小学校も階数は2階までしかないんだけど(たぶん…)、その分、建物は横長です。

廊下が長い。

そして、その廊下の途中、途中に階段があって。

降りて(上がって)いくと、踊り場のような広ーいスペースが。

そのスペースの横に教室が付いている。

そんな印象でした。

 

っで、その広ーい踊り場みたいな所が「オープンスペース」というみたいですね。

 

ちなみに娘の学校は、その階段を降りた(上がった)フロアが学年ごとに割与えられています。

この階段を降りたところは、2年生。

こっちを上ったスペースは、3年生、、みたいな感じかな。

賛否両論あるみたい

僕も初耳だったので、ちょっと調べてみたんです。

このオープンスペースというものを。

「今の校舎じゃ、当たり前になってるのかな?」と思ってね。

 

ネットで調べてみると、、、けっこう色々出てきました。

イイ話。

…そして、否定的な話。

 

「 学級主体の授業ではなく、学年全体の学習ができる」。

「オープンスぺ―スを使うと学年ごとに課題に取り組めるので、自在な学習形態をとれる」

「子どもがつくった作品を残しておける(教室だと狭くて置けない。壊してしまう)」

といったメリットの意見。

 

そして、マイナス(デメリット)の意見としては。

「隣のクラスの声が聞こえる」

「クーラー対策がタイヘン」などなど。

なかには、

「このオープンスペースを日本に持ち込んだ学者は、専門知識がない人間だ」

といった辛辣な意見まで。

 

まぁ、専門外の僕にはさっぱり分かりません。

まして、娘はまだ学校に通いだしたところですしね。

 

…ただ、そんな専門外の僕でも1つ言えること。

それは、

「まぁ、1つの事象・出来事に対しては、いろんな意見があるよね」

というところでしょうか。

情報の大洪水に呑み込まれない

僕は何をするにしても、「表」と「裏」の面があると思っています。

「良い面」と「悪い面」というか。

同じ1つの事をやるにしても、

  • 見る角度
  • 考える角度

によって、それはプラスもマイナスも視えてくると思うんです。

 

先ほどの小学校の校舎の例でいえば、オープンスペースに対する「メリット」と「デメリット」ですよね。

子どもたちにとって、良いこともあるだろうし、そうじゃない事もあるはず…です。

 

情報時代の最も心配な副作用は、すべてを知らなければならないという気持ちにさせられることだ

これは、「TEDカンファレンス」を生み出したことで知られるリチャード・ソール・ワーマンの言葉です。

 

100%OK!なんて状況は待っても出て来ないだろうし。

そんな情報もないと思います。

すべてには、プラスの面もあるし、マイナスの面もあって当たり前。

そこをいちいち気にしていたら(すべてがプラスになるのを待っていたら)、何にもコトは進まない、、、

そんなことないですか?

 

要は、どこに意識を向けていくか?

どこにフォーカスするか?

…時には自分にとって都合のいいように、意識を向けるっていうのもありかもしれない。

あなたがいいと思った面にフォーカスをする。

そして、自分で自分の背中を押す。

新たな行動を起こすためには、ありなのじゃないでしょうか?

 

どうせ、すべての事には賛否両論があるんだから、、ね。。

 

 

手書きPOP 書き方ガイド

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。