「スピード感」、これこそが手書きPOPの強み

 

手書きPOP 効果

 

手書きPOPの強みの1つに、「即効性」というのがあります。

 

POPを書いて、お店の売場に設置。

うまくハマれば、その日から成果が上がり出す。

この圧倒的なスピード感です。

 

…うまくいけば今日書いたPOPが、その日のうちに成果を出す。

こんな事だって、あるんですよ。

チラシやニュースレターにはない即効性でもあります。

今日は、この「即効性」を実感されたお店、その事例をご紹介します。

主力商品が手書きPOP1枚で、、、

あるパン屋さんの話です。

以前、僕のサポート先だったお店さんです。

…ある時、お伺いして販促物のサポートをしたときのこと。

まずお店へ行って店主さんから、前月からの報告。

手書きPOPの成果をお聞きしたんですね。

 

前月、店主さんと一緒にPOPをつくった商品は、塩パンです。

お店の主力商品の1つです。

手書きPOPをつける前の売れ数は、月間約700個。

(過去最高時の数字です)

 

っで、先月おじゃました時に手書きPOPをつくって、設置。

それから約1ヶ月後の訪店だったんですね。

報告をお聞きしました。

 

すると、前月POPをつけてから1ヶ月間で、1,000個売れていました。

POSとかのシステムは導入していないので、レジから売上を拾ってもらいました。

(この作業が結構タイヘンでした(笑))

お店をOPENして以来、過去最高の販売数を更新でした。

過去最高になったその要因

先月、このパン屋さんの店主が作られたPOP。

前回、僕が訪店した際に一緒につくったんですが、そのときは、

  • 「商品は何にするか?」
  • 「メッセージをどうするか?」

まず、考えた文章を紙に下書き。

そして、清書。

おそらくそこにかかった時間、トータル30分くらいだったと思います。

 

っで、翌日からPOPを売場に設置。

そして、成果につながりました。

そう、これが手書きPOPの強みの1つ、「即効性」です。

 

「…そうは言っても、そのPOPのメッセージを考えるのが難しいんですよ、、」

そんな風に思われるかもしれません。

ただ、このメッセージの考え方っていうのは、一度身に付けると後々どんどん書けるようになる。POPを量産できる考え方の部分です。

(今回のパン屋さんもまた新たな商品の手書きPOPをつくられました)

 

 

…あなたが今日のお昼に書いた手書きPOP。

夕方には、そのPOPを書いた商品が売場から減っている。

いつも以上に!

それを見つけたときのあなたの気持ちって、どんな感じでしょう?

普段よりも多く売れている、その売場を見たとき、、、。

 

POPを書いて、お店の売場に設置。

うまくハマれば、その日から成果が上がり出す。

このスピード感こそが、手書きPOPの強みです。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。