ひったくり犯、大追跡

手書きPOPセミナー大阪

 

b9cb433ddaea8f2c2f0b55069bb825ef_s

 

 

僕の名刺の裏には、

「人生の衝撃シーン”Best3”」

という項目が書かれています。↓

 

名刺

こんな感じでね。僕の名刺の裏。

 

今日は、その衝撃シーンの1つの話をします。

 

僕の人生にインパクトを与えた出来事の1つ。

そう、実は僕、ひったくり犯を捕まえたことがあるんです。

 

僕の名刺の裏。

今から10年以上前のこと。

大阪の産直店で働いていたときの話です。

 

夕方の16:30頃。

いつもの通り、お客さまのお宅へ配達へ行こうしていたときのこと。

お店を出て、駐車場を歩いていたら、

「ぎゃぁーーーーー」

っていう叫び声のような、ものすごい大きな声が聞こえたんです。

 

声がした方角は、向かいにあった団地。

道路を挟んで200メートルくらいの距離があったんだけど、そっちを見てみると。

 

オバサンらしき人が横になって引きづられてる。

そして、もう一人の男が何かを引っ張っていて、そのオバサンも話さずしがみついている。

そんな光景が遠くに見えたんです。

 

 

「…エッ?なに?」

配達用の軽トラックに荷物を積み込もうと、荷台のドアを開けようとしていたんだけど、とりあえず締めて。

「何が起きたんやろう?」

と思って、道路を渡り、柵を越え、向かいの団地に向かったんです。

そしたら、そこで目にした光景に絶句。

目を抑えたおばさんが、横になって倒れてる。

傍には、同じくその団地に住んでいる人らしきおばさんが。

 

「えっー!なに!?」

近寄ってみると、

「かばん、かばんを捕られた、、、」

横になって倒れているおばさんが目を抑えながら、声にもならない声で叫んでるんです。

 

めっちゃ焦ったけど、とりあえずその場はもう一人の方に任せ、歩き出しました。

(他にも人が近寄って来ていた)

50メートルくらい歩いたところかな。

そこに中庭みたいな場所があって。

数十メートルの木が何本か中心にあって、その周りをサツキが囲むように植えられている。

そんな場所があったんです。

 

っで、僕なんでか憶えていないんだけど、サツキをかき分けてその中庭の奥に入っていったんです。

そしたら、そこには驚きの光景が。

フードをかぶった男がひとり。

左手に傘を持って。

ポーチのような手提げのチャックを開けて、なにやら中を見てるんです。

 

「出たっ!」

声にはなりませんでした。

なんとなく状況を把握。

コイツや。。

 

「何してんねん」

僕は、そいつに向かって叫んでました。

 

すると、パッと顔を上げ、こちらに気付いた男。

僕としっかり目が合った。途端、バシンッって後ろを向いて走りだしたんです。

 

僕も追いかける。

もう全速力ですよ。

お店のエプロンをしたまんま。

 

向こうも必死ですよね、メッチャ速い。

逃げる、逃げる。

僕も追いかける。

 

「おらっ!待たんかいーっ!おらっーーー」

普段つかったことのない乱暴な言葉を浴びせかける。

そしたら、100メートルくらい走ったところでしょうか。

 

…捕まったらアカン。

…お金よりも、逃げなアカン。

そう感じたんでしょうかね。

その(少しツリ目の中村獅堂似の)オトコ、右手に持っていたポーチを放り投げたんです。

僕は追いかけるのを止めました。

そのポーチを拾い、先ほどのおばさんが倒れていたところへ戻りました。

 

人生、何が起こるか分からない

これが、僕にとっての「衝撃のシーンBest3」の1つです。

こんな体験、もうせぇへんやろう、

っていう、超驚きの、ちょっと怖かった、僕の体験です。

 

このとき(というかこの後)、僕感じたんですけどね、

人間って、いざとなったら凄いパワーを発揮するんだな、って。

 

だって、僕がまさか、ひったくり犯を追いかけるなんて、、、思いもしなかったですもん。

野菜を売って、お客さまと楽しく話す。

たまに、手書きPOPを書いて、、ね。

そんな日常だったんですよ。

 

それが突然、全速力でひったくり犯を追いかける、、、ですよ。。

人間の「サバイバル」能力を感じた瞬間

状況(おばさんが倒れている)から、咄嗟に判断。

瞬時に、行動(ひったくり犯を追いかける)。

普段、つかわない乱暴な言葉を浴びせかける。

 

すごい大袈裟だけど、人間の生きる力。

僕たちがお猿さんだった時代だった頃からの、直観的な能力。

そんなエネルギーを感じた瞬間でした。

 

…普段、僕たちが日常成果をしているときに、

「ちょっとした閃き」

こんなのを感じるとき、あったりすると思うんです。

  • 「あっ、コレやってみたら、面白いんちゃうん?」
  • 「コレ、やってみようかな?」
  • 思わず、メモしたくなるアイデア。

ふと、思いつくことって、ありませんか?

 

そんなのって、放っておくと忘却の彼方になることが多いんだけど。

  • 面倒がらずに、一つひとつメモをとる
  • 過小評価せずに、貴重なアイデアと考える
  • 怖がらずに、試してみる

どんな閃きにもこれを繰り返していく。

 

すると、どれかがヒットする。

全部は全部ムリだけど、どれかはうまくいく。

成果になることがあるんじゃないか?

そんな風に思いませんか?

 

アイデアっていうのは、発想力の豊かさもポイントだろうけど。

その湧いたアイデアを、いかに実践(トライ)できるか?

こっちの実践力がカギなのでは、ないでしょうか?

 

「アイデア力」というより、「アイデアの量」で勝負する感じ。

奇抜な発想力に自信がない僕は、出来る限り(心に余裕があるときに)心がけています。

 

追伸:

ひったくり犯の追跡後の話。

配達を終えて、お店に戻ってくると。

お店には3台のパトカーが。

 

「署で、状況を詳しく教えてもらえませんか?」

刑事の方が待ってました。

「そういうことなんで、後はよろしく頼みます」

そう言い残して、僕はエプロンをしたままパトカーに乗り込みました。

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。