ブラックボードにどんな言葉を書けばいい?

 

ブラックボード

 

もしも、、、

「あなたのお店に入ろうか、どうしようか?」

迷っているお客さまがいたとしたら。

その方はどんな事を感じているのでしょう?

 

今日は、ブラックボードの話をしたいと思います。

 

お店の前に設置。

お店の前を通る方へ語りかける。

そして、お店への入店のキッカケをつくる。

そんな販促物、ブラックボードの話です。

ブラックボードって、何のために?

ブラックボードって、お店のPOPみたいな存在です。

 

基本、手書きPOPというのは、「商品」を売るツール。

こんな認識ですよね。

じゃあ、一方、ブラックボードは何なのか?

 

何を売るツールなんでしょう?

(考えました?)

(ちゃんと、考えてくださいよ(笑))

いろんな考え方がありますが、

「あなたのお店(会社)」を売るツール。

僕は、こう捉えています。

 

あなたのお店の前を通る方。

その潜在客に、あなたのお店に興味を持ってもらう。

これが、ブラックボードの大きな役目の1つです。

 

じゃあですよ、

ここから逆算していけば、

ブラックボードにどんなことを書けばいいのか?

そのヒントが見つかるのではないでしょうか?

 

もしもですよ、、、

「あなたのお店に入ろうか、どうしようか?」

迷っているお客さまがいたとしたら、、、?

 

いつも、お店の前を通勤かなにかの用事で毎日通っている。

「なんだか、いい感じのお店だな」

そんな風に感じながら、いつも通ってる。

そんな40代くらいの女性がいたとしますよね。

 

その方が、何かの拍子でお店のドアを開けてくれるとすれば、、、

  • そのキッカケって、何でしょう?
  • どんな後押しがあれば、お店に入って来てくれそう?
  • どんなことを伝えたら?
  • その人は、どんなことを知ったら?
  • ・・・・

 

まだ知らない方に、あなたのお店のことを知ってもらう。

そして、お店への入店のキッカケをつくる。

ブラックボードは、あなたのお店を売るツールです。

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。