ブラックボードにどんな言葉を書けばいい?

 

ブラックボード

 

もしも、、、

「あなたのお店に入ろうか、どうしようか?」

迷っているお客さまがいたとしたら。

その方はどんな事を感じているのでしょう?

 

今日は、ブラックボードの話をしたいと思います。

 

お店の前に設置。

お店の前を通る方へ語りかける。

そして、お店への入店のキッカケをつくる。

そんな販促物、ブラックボードの話です。

ブラックボードって、何のために?

ブラックボードって、お店のPOPみたいな存在です。

 

基本、手書きPOPというのは、「商品」を売るツール。

こんな認識ですよね。

じゃあ、一方、ブラックボードは何なのか?

 

何を売るツールなんでしょう?

(考えました?)

(ちゃんと、考えてくださいよ(笑))

いろんな考え方がありますが、

「あなたのお店(会社)」を売るツール。

僕は、こう捉えています。

 

あなたのお店の前を通る方。

その潜在客に、あなたのお店に興味を持ってもらう。

これが、ブラックボードの大きな役目の1つです。

 

じゃあですよ、

ここから逆算していけば、

ブラックボードにどんなことを書けばいいのか?

そのヒントが見つかるのではないでしょうか?

 

もしもですよ、、、

「あなたのお店に入ろうか、どうしようか?」

迷っているお客さまがいたとしたら、、、?

 

いつも、お店の前を通勤かなにかの用事で毎日通っている。

「なんだか、いい感じのお店だな」

そんな風に感じながら、いつも通ってる。

そんな40代くらいの女性がいたとしますよね。

 

その方が、何かの拍子でお店のドアを開けてくれるとすれば、、、

  • そのキッカケって、何でしょう?
  • どんな後押しがあれば、お店に入って来てくれそう?
  • どんなことを伝えたら?
  • その人は、どんなことを知ったら?
  • ・・・・

 

まだ知らない方に、あなたのお店のことを知ってもらう。

そして、お店への入店のキッカケをつくる。

ブラックボードは、あなたのお店を売るツールです。

 

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。