見えてますよー、店員さん。

 

 

portrait-1262805_640

 

昨日、仕事の帰りに寄ったある本屋さんでのこと。

 

顔がにやけまくっている、、

お客の僕がいるの全然気にしない、、

お客の僕に背中を向けている、、、

 

そんな店員さんに出くわしてしまいました。。

 

昨日、サポート先のお店の帰り、

「なんか面白い本でもないかな」

ふと衝動が湧いてきて、帰り道の途中の書店に寄ったんですね。

最近は、ネットで買ったり、キンドルで読むことも多くなったんだけど。

なんか急に本を探したくなって。

雑誌売場をのぞき、、新刊本が置かれてるコーナーへ行き、、

ビジネス書を見たり、、、って感じで、ひと通り売場を歩いた後。

1冊の本と2冊のノートを手に持って、レジへ。

 

対応してくださったのは、女性店員さん。

「研修中」

の名札がついている、レジに少しまだ慣れていない感じのスタッフさんでした。

 

僕が渡した2冊のノート。

それには、バーコードが付いてなかったようで。

ノートをひっくり返したり、表紙をめくったり、、、。

レジのキーボードを何度も押したりを繰り返してるんです。

「あぁ、ちょっと手こずってはるなぁ」

と思って、僕も見てたんです。

 

そしたらそのスタッフさん、後ろを振り返りました。

隣(3メートル先のレジの前)にいた男性店員に、僕が買ったノートを見せて。

「どうやって打つんですか?」

的なアピール。

男性店員さんは、なにやら答えてました。

解決したようで、女性店員さんはレジを打ってくれてました。

 

僕は会計の2,264円を払いながら、、、

妙に気になったことがあったんです。

僕の前にいる女性スタッフの3メートル先。

さっき、ノートのレジの打ち方を教えてくれた男性店員さんです。

 

ジィーッと見ていると、その人、もうお一人の女性スタッフさん(僕のレジの方と他にもう一人いらっしゃった)。

その人と会話することに、100%夢中なんです。

 

顔がにやけまくっている。

お客の僕がいるの全然気にしない。

お客の僕に背中を向けて、女性スタッフさんと話しまくってる。

(その表情から、業務的な話じゃないと判断できる)

 

しかも、よっぽど楽しかったんでしょうね、

肩幅より少し広めに股を広げて、腰をクネクネしながら話しているんです。

ノリノリ。

表情ゆるみっぱなし。

年齢的には僕より年上っぽい。

「あぁ、楽しいんやなぁ」って、見てました。

 

おそらくさっきの店員さんは、僕から(腰クネクネ)は視えてない、

そう思われていたと思うんです。

 

でもね、思いっきりまる見え。

 

その本屋さんのレジは5台くらいあって。

横に並列に並んでるというより、L字型に曲がってるんです。

ちょうど僕が立ったのは、角(コーナー)のレジ。

横からの角度だったんで、完全に視えてたんですよね。

その店員さんの腰クネクネ。

 

真正面からじゃなく、横からの角度だったので。

普段はお客さまからは視えないはずの角度だったので。

だから、僕のところからレジの中が全部見えていたんです。

普段と違う視点・角度から考える

手書きPOPを書くときに、どんなメッセージを書いたらいいのか分からない。

そんなご相談をよくうかがいます。

「いつも同じような文章になってしまって、、、」

という感じでね。

 

昨日うかがっていた薬局さんもそうでした。

 

でね、そこのお店でもやったんですが、

普段とは違うメッセージ(訴求)をしたいと思ったら、第三者を交えてやりとりをしてみる。

いつもとは違う視座や角度からアプローチする。

これが1つのポイントです。

 

たとえば、僕がこの本屋さんに寄る前にうかがっていた、ある薬局さん。

そこで従業員さんと手書きPOPを書こうとしたときに、

「どうして、この商品は売れてるんですか?」

「●●さんが思う、これが売れている理由を教えてもらえませんか?」

っていうような質問をしたんです。

そしたら、結構出てきましたよ。

  • 「パッケージが意外とオシャレだから、、、?」
  • 「意外と値段が高くないし(お客さんが思われているほど)、、、」
  • 「砂糖がつかわれていないけど、美味しいし」
  • 「レジ横に置いているから?…置いている場所がいいから?」
  • 「お客さまへ声かけもしてるし、、その時は売れているみたい」
  • 「ヘビーユーザーのお客さまもいらっしゃるんです」

っていうような感じでね。

 

その後、それら出てきた売れている理由を整理(文章に)して、手書きPOPに書いてもらいました。(売れそうな、いいPOPがデキました!)

 

「手書きPOPを書きましょう。メッセージを考えてください」

真正面から考えていたら、

おそらくだけど、あんまりいい手書きPOPメッセージはつくられなかったと思います。

やりとりをしながら、、、

普段とは違う「角度」から考えた、、、

ことで、新たなPOPの切り口が生まれました。

 

…普段とは違うアプローチで考えること、何かできないでしょうか?

手書きPOPをいつも違うカタチで、考えてみる。

書いてみる。

何かできること、ありませんか?

(誰かとやり取りをする。質問をしてもらう。これが1番早くて、効果的ですが!)

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。