マメなほど、よく売れる?

 

売場 ディスプレイ

 

昨日、うかがったサポート先のお店でのこと。

 

お店に入るなり、

「あら、臼井さん、髪を切られました?」

オーナーさんが声をかけてくださいました。

 

…しかし、ここで問題が発生。

・髪は、最近切っていない

・むしろ、明日散髪に行こうと美容室の予約をしていた

・・・さて、僕のとった行動は?

僕、このへん気が利かなくて。

どうしたと思います?

 

「いやぁ、惜しい。

 ちょうど明日、散髪行こうとしていたところなんですよー」

って、返しました。

 

お店でそう言った時には、あんまり気にしてなかったのですが。

サポートが終わってから、車で帰る途中。

 

「あんまり、よくなかったかなぁ。

 もっと他の切れのいい言い回しあったんかな、、、」

ハンドルを握りながら考えてしまいました。

マメな男は、よくモテる!?

さっきの僕のサポート先のお店での話。

もしも、あなたが僕の立場だったら、

「どんな返事をオーナーさんにされてますか?」

 

マメなやつほど、よくモテる。

みたいな言葉、僕の中にはあって。

(あなたは聞かれたことありますか?)

まぁ、どっちかというと、男に対していう言葉だと思うんですけれど。

  • 電話をこまめにする。
  • 女性の微妙な変化に気づく(そして、さりげなく伝える)
  • ・・・・

いろいろとあると思うんですけど、(この時点で例が挙がらない僕は、既に失格。。~~)。

それを今回の件で、ちょっと思い出しました。

 

通常、マメっていうと、「細かいやつ」みたいにネガティブな使われ方されることが多い。

だけど、そうじゃなくって。

異性との付き合いに対しては、マメな方がいいよ。

マメなほうが喜ぶ人も多いよ。

そんな意味合いで使われているんですよね。(たぶん。。)

マメなほど、よく売れる?

実は、このマメさ。

お店づくりにも、同様のことが言えますよね。

例えば、

  • 季節に合わせて、売場を変える
  • 重点販売商品を、週ごとにこまめに変える
  • 売場の汚れを見つけたら、即座にふき取る
  • 手書きPOPに書けそうな、いいアイデアが見つかったらメモをする(そして、すぐに実行に移す)
  • アドバイスをもらったら(そして納得できたら)、その日のうちに実践する

分かりやすいところでいったら、こんなのが例として挙がります。

 

まぁ、こうやってみると、仕事の場合で言えば、

【マメ】=【実行力】

に近いものがありますよね。

どれだけ、いいと思ったことを実践できるか?みたいなね。

(そういうエラそうに言ってる僕自身が、実行力低いんだけど。。。)

 

僕たちのようなモノを販売する。

サービスを提供する。

商売(ビジネス)の場合、イコールそれが、成果として返ってきます。

そのへんは分かりやすいですもんね。

なので、なおさら「まめ男(女)」にならないとですね。

 

追伸:言い訳になるけれど。

冒頭のサポート先のお店さん。

もう3ヶ月近くのお付き合いになるから、大丈夫だと思います(←何が!?)

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。