ぜったい言うたらアカンで。ひみつやで

 

cloves-1367675_640

 

つい先日、1週間前くらいのこと。

その日は、妻が誕生日をむかえる5日前です。

 

娘とあるパン屋さんへ行って来たんです。

翌日に食べるパンを買う、

…それにプラスして、妻の誕生日ケーキを買う。

そんな「目的」を達成するために。

 

ちょうど、その日は娘が病院へ行く日でもあって。

その病院の近く、歩いて3分のところにパン屋さんがありました。

「あしたのパン、買う?」

娘に訊いてみると、

「うん、買いに行く」

とのことで、娘の診察が終わったあと寄ってみたんです。

(ちなみに、僕は無類のパン好きです。大阪時代に休日の楽しみは「パン屋さん巡り」でした)

 

お店に行く途中、僕は1つ思い出したことがあり、娘に訊いてみました。

「あっ、そういえば、ここケーキも売ってるで。

 あかあさんの誕生日ケーキも見てみる?」

 

「うん、そうやね。見てみる」

と娘。

「おいしいかどうかは、分からんで。買ったことないから」。

こんな会話をしながらお店に到着。

 

自動ドアが開くのを待って、お店の中へ入ってみると。

右手に、パンコーナー。

プレートに並べられたパンがいくつも並んでいます。

そして左手には、ショーケース。

ケーキが並んでいます。

そして、よーく見ると、1番上の段には、ホールのケーキも並んでいます。

それを確認した後、

 

「…まずは、パンを買っとこう。先、こっちね」

と言いながら、娘の手を引きパンコーナーへ。

 

明日のパンを5つを選ぶ。

ショーケースを横目で眺めながら、レジへ。

パンをレジ台に置くと、気がつきました。

そのレジ台の脇にあるショーケースの上に、「バースデーケーキ」のメニュー表(写真付)が飾られていました。

 

「あったね」

そう言って、娘が見やすいようにメニュー表を傾けて見せました。

「モンブランもあるで」

「ほんまや」

娘は興味津々に見てました。

 

「どうする?ここで注文させてもらう?」

娘に訊いてみると、彼女はうなづきました。

「どれにする?…やっぱりモンブラン?」

「うん」

無事、そのパン屋さんでモンブランの5号を注文。

 

「このことは、おかあさんには内緒やで。

 ぜったい言うたらアカンで。ひみつやで」

「…うん、わかった」

しっかりと娘の口止めをして、お店を出てから駐車場まで歩いたのでした。

…その日の晩のこと。

娘とリビングでくつろいでいると、

「あっ、●●●ベーカリー行ってたん?」

さっき娘と買ってきたパンに気付いた妻が、訊いてきました。

 

「うん、病院の近くやったから明日の買ってきた」

答える僕。

すると横から、娘がひとこと。

「誕生日ケーキは、買ってないで。

 モンブランは頼んでないで。」って。

 

(・・・あちゃー( ̄、 ̄=)

言うまでもなく、僕と妻は、目を見合わせて苦笑いしたことでした。

手書き販促物は、人柄の伝わるもの

僕たちがつかう、手書きPOP。手書きチラシ、ニュースレター。

これらは、僕たちがあつかう商品を売るためのものです。

商品やサービスの価値をお客さまに感じてもらうために書いていますよね。

 

ただ、ここで1つ忘れないでいたいこと。

 

僕たちがつかう手書き販促物。

これらは、モノやサービスを売ることが目的です。

…ただ一方で、それらは販促物はコミュニケーションツールの役割も兼ねているという事。

  • お客さまとの会話のキッカケをつくる
  • お客さまにあなたの人柄を感じてもらう
  • あなたのお店のスタンスを伝える

そのためのツールでもある、っていうことです。

 

あなたの人柄が伝われば、お客さまはあなたの話に耳を傾けてくれるようになります。

お店のスタンスを理解してもらえれば、商品への信頼度は高まります。

信頼度が上がれば、あなたへ話しかける(心理的な)ハードルは下がります。

お店でのお客さまとの会話が増えれば、その分、商品について訊きやすくなる。

結果、商品のことをより知ってもらえる。

そんな機会が増える。

ということです。

 

 

 

…娘のひとこと。

「誕生日ケーキは、買ってないで。

 モンブランは頼んでないで。」

これっていうのは、まさに娘の(子どもの)キャラを感じさせるひと言でした。

…らしい発言でした。

結果、娘への愛着をより感じました。

そして、笑けました(゚ペ) 

 

あなたが創られている販促物。

そこからお客さまとの会話につながったこと、ありますか?

あなたの人柄を感じてもらうには、どんな内容を手書きPOPに書けばよさそうでしょう?

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。