「どっちやったら勝てんねん!」

 

手書きPOP メッセージ

 

高知県のあるホテルにて。

夜、ミネラルウォーターを買おうとロビーへいったときのこと。

 

「どっちやったら勝てそうやねん!」

1人のおじさんが、叫んでました。

…結構な剣幕、けっこうな表情です。。

 

そこは、朝食をしたりするちょっとしたカフェスペース。

夜だったので、人は少なく。

いたのは、そのオジサンのグループ4人だけ。

さっき叫んだオジサンと、もう一人その隣にいるおばさん。

後は、2人の学生っぽい男の子と女の子。

ちょうどテーブル越しに向かい合って座ってます。

 

僕は、その男の子の後ろを通り過ぎながら、奥にあった自販機コーナーへ。

どうも見る感じ、

何かスポーツの遠征チームかなんか。

「どっちやったら勝てそうやねん」

と叫んだオジサンが監督。

あと、もう一人の隣のおばさんはコーチかな?

残り若い2人は、選手。

そんな感じです。

 

そして監督役のオジサンは、若い選手2人に熱弁をふるっています。

けっこう力が入ってる感じ。

一方対照的に、若い選手2人は意外にも冷めている感じで。。

1人の男の子なんか、スマホいじってるし。

(後ろ通り過ぎるとき見えたけど、フェイスブックしてたもんね)

 

「どんな関係なんやろう?

こんなスマホいじっても怒られへんねやろぅか?」

 

僕はそんな要らん心配をしながら、そのロビーを立ち去っていきました。

っが、遠くから僕がエレベーターを待っている間にも、監督のその声はまだ聞こえてきてました。

 

「どないすんねん!どっちやったら勝てんねん!、、、」

おすすめの仕方、、、

メガホンを持って叫ばない。

これは、販促物の世界でよく言われる教訓の1つです。

 

例えば、あなたがどこかの展示会へ行ったときに、お店の方に、

「その商品がいかに素晴らしいか?」

「いかにオススメか?」

熱く力説されると、あなた(お客さま)はちょっと引いてしまう。

 

逆に、

「この商品、僕好きなんですよね… 」

まるで、ひそひそ話をするかのようにボソッと言われると、かえって興味が湧いてくる。

そんなことを婉曲的に伝えています。

 

 

実際、僕自身も大阪の産直店で働いている時に、同じような体験をよくしました。

僕がレジに立っていた時の話。

お客さまが持って来たカゴから商品を取り出す。

ひとつ一つの商品をピッ、ピッしながら、バーコードを打つ。

その時、お客さまが購入された商品を見ながら、ある探りを入れるんです。

 

仮に、カゴの中に無農薬の野菜やオーガニック系の調味料が多く入っていたならば、

「この方は、安心安全系。オーガニック志向の人だ」

商品の特徴や共通点からお客さまの志向を見つけます。

そして、その方に合う商品をお勧めするんです。

 

「こだわった良い商品を買われていらっしゃいますね。

オーガニック、安心安全な商品だと、●●●(商品名)も今うちで人気ですよ。

また次回来店された際には、ご覧になられてみてくださいね」

なんて一言を。

 

…すると、そのお客さんはどんな反応されると思います?

 

「それ、どちら(の売場)に置かれているんですか?」

僕に訊いてきます。

売場へ取りに行かれます。

そう、次回の来店時じゃなくって、その日のうちに買って帰られるんです。

 

しかも!

話はそれだけで終わらない。

その効果は、後ろのお客さまへ波及します。

レジの列で待っていた後ろのお客さま、僕とお客さまの話を聞くやいなや、

「わたしもっ!」

って、話題になった商品を取りに行かれるんです。

走って、、、ね。

 

これね、僕、何度もやりましたけど。

かなりの確率で同じことが起こります。

7~8割のお客さまが、売場まで商品を取りに行かれます。

それくらい、ハマった方法です。

 

…おそらくなんだけど。

僕がレジでお客さまに、

「この商品、超オススメなんですよ!ぜひ買ってください!」

熱く力説していたならば、、、

追加商品のお勧めを強くしていたならば、、、どうだったのでしょう?

レジ待ちをしていたお客さままで、その効果は波及したのでしょうか?

 

熱く想いを語るのも大事。

アナタの気持ちを熱く語ることで、お客さまの心を動かすこともある。

…けれど、たまには、

「アナタだけに、こそっと話しますね」

ひそひそ話でお勧めしてみる。

どうでしょうか?

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。