売上の軸を見つける

 

rock-1110705_640

 

あなたが住む町の人口って、何人ですか?

その数字って、ご存知ですか?

 

もしも、ご存知なければ、一度調べてみてください。

ネットで検索すれば、すぐ分かりますから。

っで、さらにもう1つ。

その人口推移も調べられてみてください。

ちょっとした現実が見つかると思います。

 

ちなみに、僕が住む高知県。

2015年現在で、72万8千人です。

っで、20年後の2035年には、何人になっていると思います?

 

地域店舗が抱える、共通の課題

 

昨日、ある小売店さんの販促サポートに伺っていました。

地元の方々にとっては無くてはならない。

地域のミニスーパー、という感じのお店です。

 

店主さんとお話をしていると、地域密着店舗が共通して抱える。

ある1つの課題の話になりました。

 

こちらのお店では、地元地域の方がお客さまの大半を占められています。

しかし、店主さんがおっしゃるには、

 

「年々、地域の方々も高齢化している。

人口も減っている。なかには、お亡くなりになった方もいる。

けっこう、きついですよ」と。

 

このお話は、実際よくお聞きする話です。

こちらのお店さんだけでなく、僕がお伺いする地方の地域密着店。

その店主、社長さんからよく聞く切実な話です。

 

言ってみれば、地域の人口が減るというのは、地域店舗にとってはイコール、見込み客の減少に直結します。

【人口減】=【見込み客の減少】

お客さまとなってくれる(可能性のある)方がそもそも減っている、という現状です。

 

特に、地方での店舗になれば、さらに浮彫になると思うんだけど。

今、人口減が1つの問題になっています。

僕が住んでいる高知県もまさにそう。

冒頭でお伝えしたように、高知県の現在の人口は約72万人。

この人口も年々、減少しています。

20年後の2035年には、60万人になると予測されています。

 

今の日本にいる限り。

特に地方でご商売をされている限り、これが現実。

決して避けては通れない事実です。

とはいえ、悲観しているだけでは始まりません。

なにか動かないと、です。

 

…昨日うかがったお店。

初めての訪店だったので、色々と状況をヒアリングさせてもらいました。

お店の現状を。

すると、ある1つの可能性が視えてきました。

お話をお聞きすれば、するほど、

  • 「えっ、●●さん(店主さんのお名前)、もう少し詳しく教えてもらえませんか?」
  • 「その売上って、実際どれくらいあるのですか?」
  • 「それをさらに売っていくのは、お店としては特に負担はないですか?」

どんどん話にのめり込んでいきました。

 

サポート先のお店のお話なので詳しくはお伝えできないのですが。

隠れたキャッシュポイントが、他にあった。

店主さんは、それほど注力されていなかったけれど、うまく成長させていければ面白くなるのでは?

という、売上の軸が見つかりました。

 

…次月以降は、その準備段階に入ります。

売上の軸になるのか?

テストをおこなっていきます。

 

人口減、、、これは、地域ビジネスをおこなっている限り、避けては通れない現実ですよね?

(まして、僕が住む高知県のような地方であればあるほど、、、)。

なので、その現状に文句を言っていても何も始まりませんよね?

その現実を真正面から捉え、あらたな対策を立てる。

動き出さない限り、何にもスタートしないですもんね。

 

昨日のお店さんでは、そのヒントが見つかったような気がします。

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。