どっちの売場をつくりたいか?売場イメージをまず考える

 

お土産店 手書きPOP

 

「…オシャレ系でいくか?」

それとも、それが無理(合わない)なら、

「…訴求系でいくか?」

選択は2つに1つ。

 

お店に手書きPOPを導入するのなら、ここを明確にしてスタートさせる。

けっこう、ポイントの1つです。

どっち?2者択一がスタート地点

最近、よくホテルや宿泊施設の方からご相談を受けるんですね。

施設内の売店。

お土産などを売られている売場ですよね。そこに、

「手書きPOPを導入できないか?」

というお話です。

 

答えは、「Yes」なんだけど。

ただ、そこを実践するにあたり、冒頭の話。

  • 「…オシャレ系でいくか?」
  • 「…訴求系でいくか?」

この選択肢が肝になってくるんです。

やり方次第で、その成果って大きく違ってきます。

 

少し説明していきますね。

例えば、ひと言でホテルの売店。

といっても、そのホテルによって持つ雰囲気って違うと思うんです。

 

リゾートホテルと、旅館。

施設によって、お客さまに感じてもらいたい印象って、当然違いますよね。

前者、リゾートホテルだと、シンプルな売場。

ごてごて手書きの文章が書かれたPOPを付けるというより、もっとシンプルにいきたい。

オシャレ感も出しながら、売場ディスプレイをつくりたい。

そんな想いもあると思うんです。

 

一方、旅館の売店だと、どうなのでしょう?

 

施設によっては、地元のローカル色を出していきたい。

オシャレ感というより、訴求系なのか。

オシャレ感というより、作り手やメーカーの存在感を伝えた方がいいのか。

見た目のオシャレ感はそれほど、、、でもいいから、売上重視で突っ走りたい。

そちらの方向性ならば、売場に設置する手書きPOPも違ってきます。

外見よりも、成果優先の手書きPOPを注力する。

その方向性が選択肢として選べます。

 

今、例に挙げたのは宿泊施設だったけれど。

これは、お店(小売店)でも同じです。

 

僕自身、前職(産直店の後に就いた)では、地域特産品の営業をしていました。

得意先には、ホテルや旅館、道の駅(のお土産売場)といった観光施設の他、小売店もあったんですね。

っで、僕が商品をそのお店の売場をつくることも多かった。

その時にまず、意識していたこと。

 

それが、

「このお店は、(先ほどの2者択一)どっちのイメージを大事にしているのか?

オシャレ系か?訴求系?どっちが合うのか?」

ここをよく気にしていました。

 

オシャレ系(こっちはあまり得意じゃなかった)なら、、、

訴求系なら、、、という感じで、設置する手書きPOPの内容を変えていました。

逆にいうと、ここがチグハグだと成果にもつながりにくいのです。

 

というわけで、アナタのお店はどっちの印象を創っていきたいですか?

オシャレ感はやっぱり崩したくない、、?

それとも、見た目も大事だろうけど、どんどん伝えて成果を上げていきたい?

ここを意識することがスタートです。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。