先輩:【待ち伏せ】⇒僕:【逃げる】~中学時代

手書きPOPセミナー大阪

 

comic-1296117_640

 

 

中学生の頃のこと。

そのときに入っていた部活の話。

 

バドミントン部員だった僕。

(…というか厳密にいえば、入部したのか!?すら分からない)

なぜか?毎日先輩から逃げまくる毎日を送ってました。。

「どういう経緯だったのか?」

当時、僕が通っていたのは、茨木市南中学校。

僕は南中学校のバドミントン部員でした。

 

小学校時代に入っていたクラブが、バドミントン部で。

小学校で1番の人気のクラブだったんです。

仲の良かった友だちは、中学へ上がると野球部やサッカー部に入ったりしてました。

少年野球とかやっている人間が多かったので。

 

だけど、特にそんなのをやっていなかった僕は、そのままバドミントンへ入部。

(小学校時代に仲の良かった吉田くんも一緒でした。。)

 

っで、中学生活。

部活も始まった。

 

まぁ、僕が抱いていたイメージと全然違いました。

 

さっきもお伝えしたように、小学校時代のバドミントン部は学校でも1番の人気クラブだったんですよ。

少年野球とかやってた、スポーツばりばり出来る子たちも集まるクラブだったんです。

なので、何にも考えずに入部したのですが、、、中学校では違いました。

 

入部したバドミントン部。

「暗かった、、、、」

っていうのが、今でも強く残っている1番の印象です。

先輩が暗い、、、っていうのかな。

こんな言い方は良くないんだけど、カッコイイ方たちじゃなかったんです。

見た目だけでなく、オモシロさっていう点でも微妙で。

なんかね、僕としてはちょっと幻滅しちゃってね。

テンション上がらなくて、、、。

 

そこからクラブ活動へほとんど参加しなくなったんです。

 

学校の授業が終わる。

5時限目が終わる。

クラスで先生との帰りの挨拶をする。

そして教室を出て、帰宅する。

そんな毎日を送るようになったんです。

 

…するとね、ある日、ここで思いもよらなかったことが起こったんです。

僕がクラブへ参加しなくなって何日かした頃のこと。

 

学校の授業を終えて、

「さようならー」

って、教室から出てくるじゃないですか。

すると、そこに先輩がいる。

廊下に、バドミントン部の部長、佐川さんが腕組みを立っていたんです。

 

「エッ?」

そのまま僕は、部室まで連行されることに。。

 

そんな日が2週間くらい続きました。

次第に、僕は考えるようになりました。

 

廊下には先輩が待っている。

…授業が終わったら、廊下の反対側の窓から抜け出して逃げる。

そしたら、それに気付いた先輩が追いかけてくる。

必死で逃げる僕、、、

捕まって連行される、、、みたいなね。

訳の分からな中学生活(1年生)を送ってました。

問題は、そのイメージにある

「購入したり、所有することで、人にひけらかしたくなる性質は商品にないか?」

あなたの商品に当てはめてみると、どうでしょう?

 

例えば、僕が出張でよくつかうお気に入りのキャリーケース。

ゴロゴロする、あれです。

以前テレビを見ていたら、ある芸能人がつかっているのに気付きました。

旅行番組に出ていた藤原紀香が僕のと同じのを持っていたんです。

 

「あぁ、あの藤原紀香もつかってるんだ。

おぉ、そこそこイイやつなんや」

 

ちょっと気持ち的に高揚したのを憶えています。

その鞄(キャリーケース)を持っていることを誇りに感じました。

ひけらかす…とまでいかないけれど、ちょっと嬉しかった瞬間でした。

 

あと他に例えば、女性の場合でいえば、

テレビや雑誌で見かけるセレブと同じ洋服を持っている。

ヘアスタイルが同じ。

同じサロンを利用してる。

 

男性でいえば、

ゴルフをするのなら、お気に入りのプレーヤーモデルのクラブを持っている。

テレビで行列のラーメン店で、看板メニューを食べた。

・・・こんなのがあるのでしょうか。

 

その商品そのものが目的じゃなくて、その商品を得られることで感じられる「自我」、「感情」とでもいうのか。

そこを刺激する。

そして、満足させてあげる。

そのためにメッセージで伝えてみる。

これらは販促物をつくるうえで、欠かせない要素の1つです。

 

…僕が中学生のころ、バドミントン部を挫折してしまった原因。

それはあまりにも、そのクラブの

「イメージが暗かったから、、、」

  • カッコイイ先輩がいて、、、
  • かわいい女性の部員もいっぱいで、、
  • モテモテになれる要素を感じれるのなら、、、、

授業を終わって先輩から逃げるなんて。

悲惨な中学生活を送らなかったのかもしれませんね(笑)

(イメージばかり気にする年頃でしたしね。。)

 

「購入したり、所有することで、人にひけらかしたくなる性質は商品にないか?」

あなたの商品に当てはめてみると、どうでしょう?

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。