想定外の出費。。

手書きPOPセミナー大阪

 

grandstand-330930_640

 

日曜日の朝9時40分。

昨晩からの約束どおり、スターバックスへ。

大好物の抹茶ドリンクとチョコのスコーンを注文。

 

30分くらい滞在の後、本日第2のお目当て、

オモチャ屋さんへ到着。

軽ーく時間を潰すだけのつもりだった、、、のですが、想定外の出費をすることに。。

「前もスタバの後やったね、ここに来たの」

娘と話しながら車を降りて、階段をのぼる。

2Fの入口から入店するなり、彼女はオモチャめがけて一目散に走って行きました。

 

ここのオモチャさん。

娘と僕のお気に入りの場所で。

休日2人で出かけるときに、ちょこちょこ寄っているんです。

 

海外のオモチャとかも結構置いてあって、見てるだけでも楽しい。

それに、お店の雰囲気もいい感じなんです。

例えば、子どもが実際に触って遊べるように、試用できるオモチャも多く置いてある。

かといって、煩雑感というのもないし。

ディスプレイにも手が行き届き、きれいに並べられています。

所々には、手書きPOPも書いていたり。

 

「…この階におるから自分で好きなの見いや。

お父さんも、ちょっと見てるから。」

と娘に声をかけ、お父さんも一人で売り場をうろつき出しました。

狙いは、、、

「娘がひとりでも遊べるモノは何かないか?」

目的は、ただこの1点です。

 

そもそも、このオモチャ屋さんへ寄ったのも、

  1. 娘が自分で遊んでくれるオモチャを見つける
  2. お父さんはその横で本を読む

これを実現したくたて、来たようなもの。

…だったのですが、予想外の方向へ展開していきます。

なんか面白いのないかな?

と探していると、ある1つのオモチャに僕の目が留まりました。

 

木製のボードゲーム。

フランス製。

海外のモノ特有のお洒落でやわらかな感じの見た目。

 

売場に貼ってあるラミネートされた商品説明を読んでみると、、、

数々の教育機関で賞を受賞。

教材としても採用。

なんとも魅力的なメッセージが書かれています。

 

どうせオモチャ買うなら、

  • 飽きないモノ
  • 頭をつかうモノ
  • 大人も一緒にできるモノ

という僕の希望に沿いそうな感じのオモチャでした。

 

「…これ、どう?」

娘を呼んで訊いてみると、まんざらでもない反応。

よし、と思った僕が次にとった行動、…何だと思います?

 

ヒントは、スマホです。

 

 

「…価格を調べた?」

 

ブッブッッーーー 

違います。

 

 

答えは、、、レビューです。

Amazonのサイトでレビュー(実際に買った方の感想)をのぞいてみたんです。

 

「どうなんだろう?みんな満足されてるのかな?

6才の子どもでも大丈夫かな?

すぐ飽きないのかな?」

って、調べてみたんです。

 

結果からいくと、かなりの高評価。

小学生のお子さんでも親子で楽しんでいる、ということが分かりました。

早速、購入することに。

失敗したくない

今回、僕がボードゲームを買おうかどうか?

迷った時に、どんなことを思ったかというと。

  • 6才の子どもでも楽しいのかな?
  • すぐに飽きてしまわないかな?
  • 大人と一緒にできるのかな?

といった心配です。

だって、6,000円もするのに(海外モノは高い!)、買ってみて面白くなかったらショックですよね。

「娘を喜ばしたい」

そんな思いで買って、

「おもしくない。。」

なんて娘に言われようものなら、立ち直れません。。

(子どもはそのあたり正直に表現しれてくれますからね~~;)

 

っで、ここがポイントです。

  • 失敗したくない
  • 「おもしくない」と娘に言われないために

僕がとった行動、、、それは何だったか?

スマホで該当のオモチャを検索。

アマゾンのサイトへ。

実際に購入した方の感想をチェックしました、、、よね?

 

「娘と同じくらいのお子さんも楽しまれている」

という感想があった。

「カップルでも楽しんでいる」

「1ヶ月以上経つけど、まだやっている」

というコメントも確認。

 

じゃあ、うちも大丈夫かな、となったわけです。

【興味】⇒【検索】⇒【口コミ確認】⇒【心配解消】⇒【購入】の流れでした。

 

今回は僕はスマホを使ってインターネットで調べました。

だけど、これはネットを使わないとダメなのか?

同じようなことが、アナログ媒体でもできないのか?

 

お客さまが購入に際して抱く、

「失敗したくない」

という感情を解消するための解決策。

お店や売場で解決はできないのか?

出来るとしたら、どんな方法があるのか?

 

ここをうまく提案できると、僕みたいな想定外の出費をしてくれる、

そんなお客さまは増えるかもしれないですね。

 

追伸:

ちなみに購入したボードゲームはこんなのです。

 

Quartoというボードゲーム。思考を柔軟にするオモチャとして教育機関でも評価されているそう。

Quartoというボードゲーム。思考を柔軟にするオモチャとして教育機関でも評価されているそう

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。