【お店】=【売り込んでくる存在】のイメージを打ち破る方法

 

doctor-1193318_640

 

セミナーや販促サポートの現場で、

「お客さんと同じ視点に立って、販促物をつくることが大事」

という話をよくします。

 

実は、ここを意識すると、

・お客さんの買上点数
・リピート率

この数値がともに、グッと増えてきます。

事例を出して、お伝えしていきますね。

お客さまにどんな風に声をかけますか?

例えば、あなたがお店で1番オススメする商品やサービスがありますよね。

「これを食べてもらえれば、納得してもらえるはず!」

「これ受けてもらえれば、その悩み解消されるから!」

という自慢の逸品です。

 

ただ、そのあなたのオススメ商品、

価格が高い、、、

普通に考えたら、そんなにしょっちゅう買えない価格、、、だったとします。

 

仮にそんな時、あなたがセールスマン(店員さん)だったとしたら。

お客さまにどんな接客トークをして売ろうと思われますか?

もしくは販促物をつくるとき、どんなメッセージを書かれますか?

 

先程みたいに、

「自信持って、この商品イイって勧めるから試してみてください!」

価格は無視して、強力PUSHされますか?

…本来、お客さまというのは、

【お店】=【売り込んでくる存在】

そう思っている方が多いです。

 

とりあえず、何でもかんでも売り込んでくる。

だから、用心しとかなきゃ、、、。

そんな風に構えているお客さまって、結構多いです。

(産直店の現場で痛いほど実感しました)

 

なので、そんな時にガンガン商品をお勧めしても、

「あぁ、また来た~。

聞こえない、見てない振りしておこう」

無視される。

購入につながらない。

そんなオチになってしまいやすいです。

 

そこで、冒頭の今日のテーマを思い出していただきたいのです。

「お客さんの視点に立って販促物をつくる」です。

 

asian-594582_640

このお店は大丈夫という信頼感

オススメ商品があったら、その商品をガンガン真正面から勧めるだけじゃなく、お客さんの気持ちを汲み取ってあげる。

 

…セミナーやDVD教材でもお伝えしているので、詳しくはお伝えできないのですが、

お客さまが考えられていることを、セールストークや販促物のメッセージに反映させる。

この視点が欠かせません。

 

もしも、お客さまが商品を高いと思っているのなら、そこを理解していると伝えて、

「あぁ、この人って、私たちと同じ感覚の人なんだ」

そう思ってもらう。

ココが、ものすごく肝になってきます。

 

「あなたの気持ち、しっかり理解してますよ」

そうお客さまに思ってもらえれば、購入していただける確率は増しますし、

仮に、そのオススメ商品が売れなかったとしても、また他の商品を買ってくれる。

もっと言えば、次回また再来店してくれるお客さまはグッと増えますします。

 

そこには、

「このお店は大丈夫」

そんな信頼が芽生えているからなんですね。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。