販促物の「再利用(リサイクル)」

手書きPOPセミナー大阪

 

alternative-energy-1042411_640

 

あるクリーニング店さんの事例。

 

販促物のリサイクルの話です。

以前につくった販促物を再利用。

成果が出なかったからといって、そのまま放置。

これっていうのは、もしかしたらモッタイない、、、のかもしれません。

視点を変えることで、有効活用する方法がある。

そんな話をします。

アイデアとなったのが、ポスティング

ご縁をいただくようになって3年近くになるクリーニング店さんがあります。

先日、月1回のサポートにうかがってきました。

この夏に予定されている折込みにチラシの打合せです。

先月から紙面を一緒に検討しています。

 

ただ、今日ここであなたと共有するのは、その折込みチラシの話ではありません。

以前(2年くらい前だったと思う)につくった手書きチラシ。

こっちの話です。

 

先ほどお伝えしたように、こちらのクリーニング店さんとはもう知り合ってから3年近くなります。

はじめはニュースレター発行の仕組みから始まり、いろいろと一緒にさせていただいています。

っで、そのなかで、ポスティング用のチラシに取り組んだ時期があります。

 

もともと既存顧客との関係性の強いお店さんなんですね。

顧客ロイヤリティがものすごく高い。

一度お客さまになっていただくと、そのあとリピートしていただける確率・期間が長い。

そのようなビジネスをされています。

しかし、

「その既存顧客の方に加えて、あらたに新規の方も開拓していきたい」

そのようなお話が店主さんから出た。

そして、その1つとしてアイデアとなったのが、ポスティングでした。

ただ、このポスティングの施策、、

結論から先にいうと、事情があって途中でストップされていたんです。

  • 配布エリアの検討
  • 求めるお客さまの設定
  • どんな切り口で?

といった感じで、チラシまではつくられました。

のですが、注力できない状況が生まれていたんです。

 

っで、そこから時間は経過し、先日のサポートに話は戻ります。

折込みチラシの検討をしていた話です。

その時、なんのキッカケだったか?

は忘れたのですが、以前つくった前述のチラシを見る機会があったのです。

 

ファイルをぱらぱらとめくっていたときに、

「懐かしい、どこかで見覚えのある」チラシに目が留まったのです。

っで、よーく見てみると、、、

そう2年前につくった、そのポスティングチラシでした。

 

ea09781f4463b0227fb21969f6569a13_s

「これイイですやん」

久しぶりに、見させてもらった感想がこれ。

2年ぶりくらいにそのチラシを見させてもらうと、ほんとよく出来ているんです。

「これ、あの時のですか?」

思わず、聞き返すくらい。

それくらい、良い感じの内容でした。

 

  • 明確な切り口
  • キャッチコピーから伝わる対象客
  • そのサービスを受けることで得られるベネフィット
  • ほどよい親しみやすさ
  • メッセージのボリューム感

すべてが良く出来ていました。

 

「●●さん(クリーニング店の店主さんの名前)、コレ使えますやん!

使われたら、どうですか?

今は使われていないのですか?

…するときに、お客さまに渡されたらどうですか?」

思わず、興奮する臼井。。

 

以前はポスティングを目的につくられたチラシ。

それを少し用途を変えて、再度つかってみる。

目的を変えてみる。

すると、新たな可能性が生まれる。

そんな予感を大いに感じました。

 

つくったその時には、もしかしたら成果が出ないかもしれない。

もしくは事情があって、使用できなかった。

その販促物を再利用する。

目的や用途を変えて、つかう。

想定外の結果につながるかもしれません。

 

以前つくって、成果が出なかった販促物はないですか?

つかう機会がなかったモノはないですか?

販促物の「リサイクル」の視点であらためるのも、ありかもしれません。

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。