販促物の掛け算で「シナジー効果」を生む

 

sport-562154_640

 

販促物を掛け合わせることで、成果は膨れ上がる。

単体でつかうより効果は倍増される。

確率も上がる。

サポート先の方々が実証してくれています。

 

手書きPOPを売場へ設置する。

だけでも効果はあるけれど、他の販促物と組み合わせてつかうことで、その成果は何倍にもなってきます。

過去最高の売上を計上

先日、販促サポート先の1軒の小売店さん。

先月3月からご縁をいただくようになった、あるブティックです。

過去最高の売上を計上されました。

 

僕もサポートさせていただくようになって、まだ2ヶ月目(訪店したのは、3回目)。

まだまだ手さぐりの状態です。

お店のことも分からないことが多いです。

 

ただ今回のご報告が励みになりました。

オーナーさんにとってもそうだろうし、僕にとっても大きかったです。

 

…僕が何か提案したから、そのお店さんの成果が上がった、

というつもりは全くありません。

今までずっと積み上げられてきた行動が、先月成果につながったんだと思います。

ただ、1つだけ。

先月サポートにお伺いしたときに提案したことがあります。

これは、少しばかりでも今回の成果に影響したんじゃないか?

ということが。

1つだけ付け足せてもらいました。

通常、販促物をつかうとなると、単体で実践する場合が多いです。

  • 手書きPOPを売場に置く
  • チラシを撒く
  • ニュースレターを発行する

これらを実践。

それぞれの成果を検証。

「どうやったら反応率が上がるか?」

「売上につながるか?」

を検討する場合が多いのではないでしょうか?

 

今回、前述のブティックさんでおこなったことは、少し違います。

販促物を掛け合わせました。

 

ご縁をいただい初回訪問時、

オーナーさんは、「ポスティング」実施されることをお話しくださいました。

「近日に販売会がある。

それに合わせて、お客さまを呼びたい。

なので、ポスティングを行おうと思っています」と。

 

チラシ案もほぼ明確にできていました。

そのチラシを持って撒きに行く。

そのような計画を立てられていました。

 

っで、お話を聞きながら、

「いいですね。ポスティングをやった方がイイ。

そうは分かっていても実践されるお店は少ないですしね。

いいですね。」

という感じで僕もやり取りさせてもらっていました。

 

そして、そのあと1つだけ付け足せてもらいました。

 

「せっかくポスティングされるなら、●●●も一緒にやられるのはどうでしょうか?

単体でやられるよりも、成果につながって来やすくなると思いますよ。」と。

 

escalator-64361_640

販促物の「シナジー効果」

今回の僕からの提案が、そっくりそのまま成果につながった。

とは僕も言いません。

 

ただ、販促物を使う際には、ミックスさせる。

「掛け合わせ」の視点を持っておいて損はありません。

これまでにも、販促物を掛け合わせて活用することで成果を上げたお店は、数多くあります。

 

例えば、以下にご紹介するのは、埼玉県のある和菓子屋さんからのご報告です。

オーナーさんがある販促をした時の成果をメールで送ってくださいました。

 

(前略)

先週、臼井さんから提案をいただ件、すぐに実行いたしました。

結果を報告いたします。

まだ、4日しか経過していないですが、20%位は(前年比)でのびています。

 

商品は、くず桜という冷やして食べる和菓子です。

POPをたくさん貼って目立つので、まずお客様から、くず桜ってどれという質問が増えました。

冷やして食べていただくと、すごくさっぱりして、のどごしがすごくいいですよ。なんて説明するとほとんどの方が買っていかれます。

 

そして、次回来店の時に、この前のくず桜すごくさっぱりしておいしかったからまたちょうだい。というお客様が増えました。

これは、ちょっと売れている商品だったらなんでも使えるようなかんじです。

 

これを例にとると、今までは売る側の立場でしか思考回路がないのかなと思い。

少しでも買う側の立場の思考回路が働けばアイディアは無数にでてくるのかなと実感しました。

すごい、提案ありがとうございます。

 

こちらは、来週13日からお盆なので、おはぎをたくさん販売するための販促を考え中です。まずは先日の提案にそって陳列スペース、店前看板、POPを実行してみます。

 

8月19日から20日に香川のさぬきうどんを食べに一人旅に行く予定です。

高知から香川はどの位の距離あるのですか、臼井さんに時間あれば会いに行こうと思ったのですが?

(後略)

 

こちらの和菓子店さんでも、手書きPOPをつかう。

…だけでなく、複数の販促物をミックスして活用しました。

 

手書きPOP単体でも成果は生み出せます。

ただしかし、そこにプラスαを組み合わせることで、基準値を上回る成果。

シナジー(相乗)効果を生み出すことが可能になってきます。

 

もしも今手書きPOPを実践されているのなら、、、

そこに何かプラスαで掛け合わせることはできないですか?

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。