「お父さんも泣きたいよ・・・」

P1030512

 

彼女が保育園へ通い出したのは、1才9か月のとき。

妻の育休が終わったときでした。

今でも忘れません。

 

 

…先週土曜日、娘が通う保育園の卒園式でした。

通園途中に植えられた桜にも、ピンクの花が満開。

青空にも恵まれ、おかげさまで無事に終えることができました。

必死にかきつき離そうとしない娘

娘が保育園へ通いだした2011年。

僕が今の仕事を起業したのとちょうど同じ年でした。

 

開業したてで、顧客も数えるほどでした。

比較的自由につかえる時間が多かったんです。

なので、保育園の通園(車で12~13分)までは、僕がほぼ一緒でした。

 

そして、今でも忘れられない。今でも思い出す1シーンがあります。

 

保育園へ向かう車中。

娘は左後ろの後部座席、ベビーシートの上。

家を出てからずっとわんわん泣いているんです。

 

これまでずっとお母さんと一緒に家にいた。

甘えることもできた。

好きなことをして遊べた。

だけど、今日からはお母さんはそこにいない。

離れ離れです。

 

あまりに泣くので、僕まで胸が苦しくなってきて、

…右手はハンドル。

…左手は娘の右手。

運転座席から左手を後ろへ出して、、、娘の小さな手をずっと握りながら保育園まで運転していました。

 

保育園へ着いても、ずっと泣き通し。

教室まで抱っこして連れて行き、先生に手渡ししようとする。

だけど、嫌がる娘。

僕のシャツを必死に握りしめ、かきつき離れようとしない。。

半ば無理やり、娘を引き放す。

そして、先生に抱っこしてもらう。

先生は僕からの距離をとろうと、テラスを歩いていく。そして、振り返り、、

 

「おとうさん、(今のうちに)早く行ってください」

目で合図を送る。

後ろ髪をひかれながら、涙出そうになりながら保育園を後にしたのを思い出します。

 

思い出作りもいっぱいしました

思い出作りもいっぱいしました

親として心配することもありますが

…ときには日中、仕事をしていると携帯が鳴ったことも。

 

「はい、臼井です」

「おとうさんでいらっしゃいますか?

 ●●保育園の▲▲です。」

「・・・●●(娘の名前)ちゃんが熱を出して、いま38度あるんです。

 お迎えに来ていただくことは可能ですか?」

 

保育園から呼び出し電話は、娘が3、4歳になる頃まで続きました。

 

 

…そんな彼女も4月から小学生です。

 

ある程度のことなら、自分で出来るようになりました。

「イヤなことはいや」

自分で意思表示できるようになりました。

 

小学校まで一人で歩いていけるのだろうか?

親として心配することもありますが、無事に大きくなってくれました。

身体も大きくなってくれました。

日々ちょっとずつ。

日々の積み重ねで成長してくれました。

 

この1年で身長もずいぶん大きくなりました

この1年で身長もずいぶん大きくなりました

「求める希望」と「現実」の矛盾

手書きPOPをつかって商品を売りたい。

そこをも、初めは1枚からのスタートです。

 

「始めたその日が、1番へた」

手書きPOPにしても、初めて書いた1枚目、

それが、1番へたなPOPです。

おそらく、成果に1番遠い手書きPOPのはず。

 

だけど、そこから毎日1枚、1枚POPを書いていくことで、上達していく。

少しずつ、少しずつ成果に近づいていく。

お客さまに喜ばれるPOPになっていくのです。

 

同様に、お店中に手書きPOPを埋め尽くしたい。

そう思っても、一気には、、、不可能です。

やっぱり始まりは1枚からです。

毎日1枚、1枚書いていくことで、お店のなかにあなたの手書きPOPが増えていく。

 

1日1枚書けば、1ヶ月で30枚あなたのお店に手書きPOPが並ぶことになる。

1日2枚書けば、1ヶ月で60枚の手書きPOPが売場に置かれることになる。

 

少しずつ、少しずつ。

アセラナイ。

 

一気に進もうとすればするほど、その反動って大きいと思います。

一気にモチベーションがダウンする日がやってくる。

それよりも、少しずつ。

コツコツと。

 

 

うちの娘もまだまだ大きくなります。

小学生になったら、もっと身長も伸びるはず。

そんな日々の成長を少しずつ、毎日楽しんでいきたいと思っています。

 

■追伸:

「書くのは好きだけど、伝え方が分からない、、、。
ぼんやりしてた部分がはっきりしました。」(セラピスト 女性)

手書きPOPセミナーin 東京 4/20(残り3席です)

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。