ほぼ間違いなく、97%の確率で…

 

さっぱりと。

 

今日はメガネの1日。花粉症と目が乾燥気味なので、、、

今日はメガネの1日。花粉症と目が乾燥気味なので、、、

 

今日は、月イチの美容室の日でした。

男前になって帰ってきました。

っで、時間がさかのぼること約1時間まえ。

 

髪を切ってくださっていた美容師さんがこんなコメントを。

「臼井さんの鼻をみて思い出したんですが…」

何気に話していたとき。

話題が切り替わるキッカケののひと言でした。

 

「臼井さんの鼻を見て、思い出しました」と。

 

「…何をですか?」

って訊ねてみると、

「イタリア人のことをです」

と、美容師さん。

(エッ、僕の鼻からイタリア人へ行くの?って、笑えましたが)

 

ご存知のとおり僕の鼻って、人よりちょっと高いです。

 

きちんと比較したことないんだけど、昔からよく友達に

「ポット」

とか、頭のてっぺんを押して、

「ジャー」

って、水を出す振りをされたりしてました。

そんな感じで、一般の日本人レベルからすると僕の鼻はちょっとだけ高いんです。

 

でね、その美容師さん。

僕のそのちょっぴり高い鼻を見られて、「イタリア人」の話を思い出されたみたいです。

(僕も自分の鼻が少し誇らしくなった)

 

…でね、僕はここから妄想を膨らませました。

【僕の鼻】=【イタリア人】

これって、お店のイメージづくりと一緒やん、と。

 

ちなみにイタリアといえば、、、パスタ

ちなみにイタリアといえば、、、僕のなかではパスタ

「●●=××」この連想がすごく大事

例えば、わが家では外食をするときに、回転寿司屋さんによく行きます。

娘が回転寿司を大好きなので。

 

だから、休日の夕方とかに、

「今日は外食にでもする?」

となったら、1番に僕と妻、そして娘の頭に浮かぶのは、、、●●●●という回転寿司店の名前です。

ほぼ間違いなく、97%の確率で。

 

もちろん他の回転寿司店もあるんですよ、高知には。

だけど、そのお店の名前はほぼ思い浮かばない。

 

…家から近い。

…娘がそのお店の味が好き。

いろいろと要因があると思うんですよ。

ただ外食といえば、僕たち家族の頭には、

【外食】=【●●●●(という回転寿司店の名前)】

の図式がピコン!と成り立っています。

 

そしてここが今日のポイント!です。

連想されるイメージがあるか?

●●といえば、、××。

この図式が成り立つお店っていうのは、強いですよね。

 

例えば、先ほどのわが家でいえば。

 

「回転寿司」ということで、臼井家の頭のなかを検索したときに、

「●●●●」というお店がトップで引っ掛かる。

そして、●●●●というお店へお寿司を食べに行く確率は圧倒的に高いです。

 

これは何も回転寿司だけに限りません。

他のジャンルでも同じ。

 

…大切な方に贈りものをしなきゃイケない。

「どこでプレゼントを買おう?」

考えますよね。

そこで、どこのお店が思い浮かぶのか?

ポイントです。

 

あるいは、「美味しいお酒を買いたい」と思う。

誰に聞いたらいいんだろう?

どこのお店で訊ねたら一番外れはないだろう?

思いますよね。

 

ここがポイントです。

 

さらに、1つお伝えするとこの今お話しした図式を崩すカギがあって。

それは、「販促物をつかう」他ありません。

 

販促物を使って、お客さまのイメージに影響を及ぼすことは可能です。

 

●●といえば、、、と連想したときに、意識的に思い出してもらう。

「手書きPOPといえば、、、臼井!」

と連想してもらう。

この図式を販促物をつかって創り上げるのです。

 

ちなみに、TVコマーシャルなんかがそうですよね。

CMを流し続けることで、お客さまのイメージづくりがなされていますよね。

これと同じ理屈。

 

ただ何もCMみたいな大がかりじゃなくても大丈夫。

僕たちの手の届く範囲の販促物でも可能です。

手書きPOPやニュースレター、、、

僕が産直店で働いていた時には、レジで配る「お便り」をつかって、そのイメージづくりをよく行っていました。

 

というわけで、販促物をつかってお店のイメージをつくる。

今日の美容師さんで言うところの、

【臼井の鼻】⇒【イタリア人】。

そして、

【???】⇒【あなたのお店】

この図式における【???】は、何になるのでしょう。

 

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。