経費ゼロの「販売エキスパート」が、あなたのそばにいる

 

僕は前職、地域特産品の営業をしていました。

ここでよく話す大阪の産直店の後に就いた職場です。

 

都心部のデパートやこだわりスーパー、通販会社のバイヤーさんを相手に営業をしに行っていました。

そして業務の中には、そんな得意先の店舗でのイベント販売というものもありました。

「●●物産展」みたいな、あなたもよく聞いたこと見たことのあるアレです。

 

その物産展や催事に出ると、そこにはある方の存在がありました。

いつも僕の興味を惹く「販売のプロフェッショナル」です。

大きな催事になればなるほど、その方の存在感は増していきます。

 

催事販売じゃないけれど、前職時、よくつくっていた得意先の売場

催事販売じゃないけれど、前職時、よくつくっていた得意先の売場

販売の達人

「販売のプロ」っていうのは、マネキンさんです。

イベント催事をおこなうときに、販売のサポートに入ってくれるスタッフさんのこと。

 

例えば、僕の前職の会社。

営業部は、僕と社長、事務員さんの3人でした。

そして催事の予定が入ったとしますよね。

期間は7日間。

 

「誰が催事に出るか?」

というと、事務員さんはまず出られません。

日々の業務と、販売という仕事は慣れていないから。

 

続いて、社長。

社長も業務の関係もあって、よっぽどの時以外はイベントの催事に立つ。

ということはなかったです。

すると、催事要員は僕だけになる。

7日間の催事、ぼく一人だけだと心もとない。

…期間中の営業活動もストップしてしまう。

 

…じゃあ、どうしよう?

 

先ほどの「販売のプロ」の登場です。

そう、マネキンさんです。

(今でも、マネキンさんっていう呼び方するのかな!?)

 

マネキンさんと契約して、一緒に販売のお手伝いをしてもらいます。

 

mannequins-811144_640

売ったり、引いたりの駆け引きが絶妙

ある催事でお世話になったマネキンさんから聞いたんだけど。

彼女たちは、

「どの人が商品を買う人か?」

「買わない人か?」

が分かるそうです。

 

歩いている素振りをとか目線を観察していると、何となく分かるらしいです。

また、ある時にはこんなコトを言われたことも。

僕が自分の販売ブースを通ったお客さんに、試食を与えたんです。

そしたら、

「あぁ、今の人にはあげなくていいんですよ」って。

 

要は、今の人は、試食専門の人。

タダで食べるのを目的に催事会場にいらっしゃっている人だから、と。

 

「ほぅ~、スゴイ」

もう、唸ってしまいました。

 

それくらい、彼女たちの「販売スキル」っていうのはすごい。

まさに、販売のエキスパートです。

 

しかし、しかしここでひと言!

「販売のプロ」は、何もマネキンさんだけではありません。

他にもいます。

もっと、あなたの身近なところにも。

経費ゼロの「販売エキスパート」がそばにいる

あなたの傍にいる、「販売エキスパート」。

誰だか分かります?

ほんと、めちゃくちゃ身近な存在ですよ。

 

さらに、この人は経費がかからない。

ゼロ円で契約できる。

マネキンさんだと、1日いくらかの契約コスト(人件費)を払わなきゃいけないけれど。

このあなたの身近な販売エキスパートは、無料。

コストをかけることなく、販売をサポートしてくれるのです。

 

・・・・もう、薄々お気づきになられたでしょう!?(笑)

 

その存在に。

 

あなたの傍にいる、

身近な「販売エキスパート」。

そう、それは、、、手書きPOPです。

マネキンさんを雇うのと同等の価値を生む

あなたの売場に設置する。

あとは、放っておくだけで商品を販売してくれる。

それが、手書きPOPです。

 

もちろん初めにPOPを書く。

内容を考える。

その労力は発生するけれど、基本かかるコストはそこだけです。

 

しかし、販売能力にかけては、遜色ありません。

ヘタな(僕みたいなセールス下手な)人間より、販売能力は高いです。

 

しかも、KYな発言をしてお客さまをイヤな気にさせる、ということはまずないし。

ただ売場に、静か~に立っている。

そして、商品に興味ありそうなお客さまにだけ語りかけてくれる。

そんな超空気の読めるセールスマンです。

 

…ちなみに調べてみると、マネキンさんにかかるコスト。

だいたい、1日8,000円~12,000円くらいが相場みたいです。

7日間働いてもらうと、5万~6万円の経費になりますね。

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。