「もしも、あなたがパン屋さんだったとしたら、、、」どうやってクリームパンを売るか?

「商品」での違いは伝えにくいけれど、
その商品をあつかう「人」の違いは出しやすい。

これは僕が提唱する【POPコミュニケーション】理論の1つです。

例えば、手書きPOPを書くにしても、商品の違いを伝えようとする。
これって、結構難しかったりします。
競合商品との違いを伝えようとしても、訴求ポイントって、結局は似てきます。

よっぽど独自性のある商品を扱ってない限り、どこかで見たようなメッセージになりがちです。

なので、商品の違いを伝えつつも、その商品を扱っている【人】の部分で違いを出す。
差異化を図る。
これがPOPコミュニケーションが提唱するおすすめ方法です。

具体的にみていきましょう

もしも、あなたがパン屋さんだとしたら、、、

例えば、あなたがパン屋さんだとしてですよ。
クリームパンがお店で人気だとします。

「もっと今以上に数を売っていきたい」

そう思われているとしますよね。
そこで、

「よしっ、手書きPOPを学んで売ってやる!」
となった。

じゃあ、手書きPOPにどんなことを書こうか?
思案することに、、、。
仮に、あなたがこのパン屋さんの店主さんで、

「クリームパンを売っていきたい」
そう考えているとしたら、どんなことをPOPに書かれますか?

1.「商品内容」で違いを出す方法

書く内容として、まずイメージできるところとして、、、
原材料のこだわり、違いを伝える方法でしょうか

  • バターを豊富につかっている
  • バターの品質のよさ
  • 国産小麦・・・・など

 

あと次に、POPで伝えたい内容として、、、
クリームの食感とか味の違いなどを伝えていく感じでしょうか。

  • 口に入れた途端、とろけるトロトロ感
  • 何とも言えない甘み、、、など

今書きながら考えているので、パッと思いつきませんが、クリームの美味しさを訴求するメッセージは他にもあるでしょう。

…っと、ざっと言えば、これが、
「いかに、うちのクリームパンは美味しいか?」
商品にフォーカスを当てた伝え方です。

冒頭でお伝えした「商品」で違いを出す方法になります。

2.あつかう「人」で違いを出す方法

一方、「人」で違いを出すやり方というのは、どういうモノか?

例えば、クリームパンを売っている【あなた】を伝える方法です。
あなたは一体、

  • どんな想いで、このクリームパンを毎日つくっているのか?
  • どんな人に食べてもらいたいか?
  • クリームパンをつくる上で、苦労すること
  • クリームパンに関して、お客さまに何か言われたこと
  • 嬉しかったこと
  • どんなクリームパンが好きなのか?
  • どうして、クリームパンを作ろうと思ったのか?
  • 作る上で、あなたの最大のこだわりはどこ?
  • クリームパンの思い出とかないか?…など

【クリームパン(商品)】だけでなく、そこに【あなた】を絡めた情報を伝える。
すごく簡潔にいえば、あなたは、その商品のことをどう思っているのか・
を伝えるやり方です。

 

そして、手書きPOPを書くときには、この【人】で違いを出す方法をお薦めしています。

…なぜなら、

他店、他社と比べられにくいから

今さきほど挙げたような、あなたとクリームパンに関する話・ネタ。
これっていうのは、他店には創りだせない情報です。
他店では伝えられないネタ、メッセージです。

というのも、例えば、「クリームパンの思い出」なんて、人(店主さん)によってそれぞれ違うでしょう?
「クリームパンをどんな人に食べて欲しいか?」
という想いも、また人によって違うと思います。

要は、あなたが思っていること。
内面(感情)の情報っていうのは、ユニークになりやすいっていうことです。
他店、他社と比べられにくい。

すごく極端にいうと、「美味しいクリームパン」っていうのは、もしかしたら世の中にいっぱいあるかもしれない。
だけど、「井本剛さんのつくるクリームパン」は、世界に1つしかない。

その井本剛さんのクリームパンっていうのは、どんなものなのか?
を伝える。
そこに、共感してもらうイメージです。

もちろん、クリームパンの特徴で他店との違いを出す、
【商品】を前面に押し出して訴求する。
これも1つの方法です。

ただ、そこはかなりハードルが高いのも事実。
現代のように、モノ余り。
お客さまが選びきれない程の素晴らしい商品が溢れている。
いわゆる成熟市場では、今回お話ししたように、「商品」と「あなた」の関連した話をメッセージにして伝えていった方が響きやすくなってきます。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。