【セミナー参加者さんのご感想】もっとも印象に残っているうちの2枚をご紹介

 

これまでセミナー参加者さんからいただいた「ご感想」を振り返ってみました。

 

なんと、本日2記事目の投稿です。

かなりエンジンかかってます。

(おそらく本日限定だと思うけど…)

 

僕は2011年に起業して、今で6期目です。

セミナーを開催するのようになったのは、2~3年目くらいからだったと思います。

まずは自分で主催して、そのあと商工会さんから依頼をいただいたりして。

おかげさまで、現在は年間500人を超える方々に参加いただいています。

 

そんなセミナーのなかでいただくご感想。

特に、ボク個人的に印象に残っている2枚をpickupさせていただきました。

 

window-770535_640

POPだけでなく接客、お店の心がまえにも通じる

セミナーのご感想と聞いて僕が1,2番目に思い出すのが、コチラです。

 

手書きPOPセミナーご感想

POPのことだけでなく、販促物や接客、お店の心がまえにも通じる部分の考え方を学べたように思えます。

これからも楽しく実践、だめだったら変えてみようと思います。

ありがとうございました。

(大阪のはんこ店 杉元さん)

 

もう3年くらい前に大阪でセミナーをしたときに、いただたいご感想で。

僕がお伝えしていることが、

「POPだけでなく、他の販促物や接客、お店の心がまえにも通じる」

と感じいただけたことが嬉しくて。

 

手書きPOPっていうと、どうしても見た目。

字の書き方とかデザイン的なことに意識がいっちゃうケース多いんだけど、もっと本質的なところ。

  • メッセージの伝え方
  • どんな話がお客さまに喜んでもらえるのか?

そんな辺りもセミナーで感じていただけたのかな?

そう思って僕の励みになった「ご感想」です。

人生を楽しみたくなりました

つづいての1枚。

こちらは、治療院の先生からいただいた「ご感想」です。

手書きPOPセミナーご感想2

治療院にPOPは不似合だと思ってました。

でも、自分の治療に対する思いや、説明を楽しい感じて伝えれそうな気がします。

もっともっと楽しく関係性を造って、人生を楽しみたくなりました。

(兵庫県の治療院 藤本さん)

 

偶然にも、先ほどご紹介したご感想と同じセミナーでいただいたもので。

僕にとって何よりも心に響いたのが、

「もっともっと楽しく関係性を造って、人生を楽しみたくなりました」

という部分。

 

手書きPOPの目的は、モノを売ること。

「だけどそれだけじゃなくって、お客さまとコミュニケーションするために使いましょう」

って、僕は言い続けています。

(もう、聞いている人にしたら、シツコイって思われるくらい)

 

 

そんな僕のお伝えしたいことが、こちらのご感想を読ませてもらい届いてるのかな。

って、実感できた。

POPは、お客さまと関係性をつくるツールでもあるよ、

ということを気づいていただけた。

そんな風に感じることがデキたご感想だったんですよね。

客観的に感じられる貴重な「機会」

セミナー参加者さんからいただく「ご感想」って、ある意味怖いです。

セミナー終了後に読ませてもらうの、ドキドキです。

でも、そこから自分自身発見できること多いし、励みになってきます。

 

これって、「お店」をされている方なら「お客さまからいただく声」と同じですよね。

 

自身が提供している商品やサービスに対する評価みたいなモノ。

それを客観的にかんじられる「機会」ですよね。

 

というわけで今日は、過去にセミナーを開催したときに参加者さんからいただいた「ご感想」を少しだけご紹介いたしました。

セミナー、大好きです。

直近の手書きPOPセミナー情報

「手書きPOPセミナー」を大阪と東京で開催します

無料で受け取れるコンテンツ

手書きPOPの書き方7つの極意

手書きPOPレイアウト見本

Facebookにいいね!

臼井浩二の日常(フェイスブックページ)

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。