【手書きPOPの悩み】字を書くのが苦手、、、

手書きをするのに、

「私(俺)、字ヘタだからな、、、」

なんて思っていませんよね?

もし、思っているとしたら、それは損をしていますよ。

手書きPOPセミナーをさせていただくと、参加者の方から必ずと言ってイイほどいただくご

質問。

「字が下手なんですけども、どうしたらイイですか・・・?」

ちょっとこちらを見てください。

人生で初めて書いたレター
人生で初めて書いたレター

今から8年前、小売店で働いていた時に初めて書いたレターです。

この時は、仕入れ元であるJAの担当者宛に書いたモノでした。

現在でも僕が書いているニュースレターは、これがキッカケ。

っで、見てもらうと分かるように、

「字、汚いですよね?」 全然、うまくないですよね?(笑)

でも、これが精一杯だったんです、当時の僕にとっては。

ただ結論から先に言うと、この字のあまりウマくないレターが好評だった。

生産者さんからも直接、お店へ連絡が入るようになりました。

実際、・・・味をしめた僕はこの後、お客さん宛のレターも書くようになりました。

それで、お客さんにも愉しんでいただけていたんです。

・・・ちょっと話が逸れましたね。

とにかく、「字のうまい下手はあまり関係ないんです、お客さんにとっては」。

それが気になっているのは、書く側、こちらだけの問題なんです。

POPやニュースレターは誰のために書くのか?というと、お客さんのためですよね。

だから、お客さんが字がキレイじゃなくても気にしていないのなら、どんどん書いた方が

いい。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。