「当店にとっては、すごいことだったのです」。果物販売店さんの手書きPOP事例から学ぼう

 

久しぶりに、手書きPOPネタの話です。

 

「手書きPOPに書くメッセージは、より具体的に」。

より分かりやすく、具体的に表現すればするほど、伝わりやすい。

そして、お客さまにも響きやすいよ、という話です。

 

実際の手書きPOPの事例をご紹介しながら、お伝えしていきます。

贈答用の果物販売店さんの手書きPOP事例

まずは、こちらの手書きPOPをご覧いただけますか。

三重県で、贈答用果物を販売されるお店のPOPです。

 

贈答用の果物販売店の手書きPOP事例

年に一回しか収穫できない

貴重な日本みつばちのはちみつ!

入荷!しぼりたて!

 

見ていただくと分かるように、シンプルなメッセージです。

いっぱい文章が書かれているわけじゃなく。

簡潔にまとめられています。

 

こちらの手書きPOPを1週間、お店の入り口に貼られました。

 

結果、140ml入り2,000円のはちみつが10本売れ、2本の予約が入りました。

というか、在庫が10本しかなかったらしく、途中で売り切れてしまったそうです。

 

では、こちらの手書きPOPをご覧いただきながら、一緒に学んでいきましょう。

事例から学ぶ2つの手書きPOPポイント

皆さんのお店でもご活用いただけるポイントを2点にしぼり、お伝えします。

1.もっとも目にする場所に設置

手書きPOPというと、真っ先に頭がいくのが「メッセージ」だと思うんです。

「どんなことを書いたらイイんだろう?」

ってね。

 

ただ、手書きPOPで注意すべきポイントはそこだけではありません。

書いたPOPを設置する場所も重要な1つ。

 

例えば、せっかく時間をかけて書いたのに、、、

お客さまの目の届かない。

お客さまがあまり近寄らない売場にPOPを置いても、効果は上がりませんよね。

メッセージがどうの、、、という前に、そもそもお客さまに見てもらえていない。

なんてことが起きているかもしれません。

 

その点、今回の果物店さんの手書きPOPは、お店の入り口に貼られています。

入店する際にお客さまの目がいく「入り口ドア」に。

 

来店されたお客さまは、ほぼ90%以上の確率で気がつくと思うんです。

「なんだろう?」

って、POPを見る。

 

「貴重な日本みつばちのはちみつ?…年に一回しか収穫しない?

 どれだ?どれのことだ?」

となる。

 

入店後、はちみつを探す。

お店の方に尋ねる。

なんとなくイメージできますよね。

2.価値を具体的に伝える

手書きPOPで商品の良いところを伝えるときに、例えば食品であれば、

「美味しいです!」

「こだわっているんです!」

「さっぱりとした甘さです!」

といった表現をされているケース、結構多いです。

 

ここで1つポイントにしていただきたいのが、そのメッセージに書いた表現がより具体的に伝えられているか?という部分。

 

美味しいのであれば、、、

  • なにが美味しいのか?
  • なぜ、美味しいのか?
  • どのタイミングで美味しいと感じるのか?
  • どのように食べると、美味しいのか?
  • 特にどんな人が食べると、より美味しく感じるのか?

読んだ方が、より実感できるように伝えることがポイントです。

 

ただ、こんな風に言うと、

「その表現が難しいんです」

と言われる方がいるかもしれません。

だけどね、そんなに複雑に考えなくていいんですよ。

 

あなたが食べたときのことを、そのまま伝えればいい。

 

「それを食べて、どこが美味しいと思ったのか?」

「特にその商品の何が美味しいと感じたのか?」

「なぜ、美味しいと思うのか?」

 

あなたの私感で伝えればOKです。

 

今回ご紹介している手書きPOPの事例であれば、はちみつの「貴重さ」をいかに伝えられるか?がポイントです。

その「貴重さ」を伝えるために、

年に一回しか収穫できない

とPOPに書かれていますよね。

 

非常に分かりやすい。

読んだお客さまは、

「年に一回しか収穫できないはちみつなんだ」

という価値になって伝わる。

 

「それって、どれなの?」

思わず、探したくなります。

 

手書きPOPに書くメッセージはより具体的に!がポイントです。

 

 

というわけで、今日の贈答用果物販売店さんの手書きPOP事例から学ぶこと。

  1. お客さまが目にする場所に、手書きPOPを設置する
  2. POPに書くメッセージは、より具体的に

この2点です。

 

では最後に、今回のPOPを提供くださったお店の奥さまからいただいたメッセージをご紹介して終わります。

POPは、毎日それなりに書いていますが、なかなかお客様が反応してくれない・・・。

ところが最近一つだけ、反応の良いものがありましたので、一例だけ送らせていただきます。

 

こんな下手なPOPを1週間、お店の入り口に貼りました。

 

結果、日本みつばちのはちみつ2,000円(140mlなのでかなり小さい)が10本売れて、2本予約(10本しか持っていなかったので・・・)

その上、売り込みなし(一切)

 

お客様が、「このはちみつって、どれ?」でお買い上げ!

当店にとっては、すごいことだったのです。。」

(三重県 贈答用果物販売 H・Hさん 女性)

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。