あなたがお薦めした商品が売れないわけがない。手書きPOPの隠れたメリット

 

「仕事に向かう姿勢が変わる」

「まるでスイッチが入ったかのように、仕事が楽しくて仕方がなくなる」

これは、僕自身が実感する手書きPOPの隠れたメリットです。

手書きPOPを実践することでなれる。

 

今朝も手書きPOPで成果を上げられた方の話を聞いたんです。

 

セミナーで書いたPOPを直営店舗に貼ったら、いきなりその商品の売上が2倍近くになった

以前、僕の手書きPOPセミナーに参加してくださった水産会社の(総務部)の方。

共通の知人を通じて聞いたんだけど、ご本人はかなりヤル気になられているらしく。

 

まさに、手書きPOPの隠れたメリットともいえる部分です。

「今の仕事がさらに楽しくなる」というのは。

では、もう少し詳しくお話ししますね。

 

手書きPOPセミナー 高知

セミナーをすると、ある一定の割合で成果を上げられる方が

その日1日がノリノリになるかもしれない

例えばですよ、手書きPOPを書きました。

売場に置いてみたら、売上が何割か増したとしますよね。

仮に普段、日に10個売れているものが14個売れたとか。

 

手書きPOPを書かれたご本人にしたら、嬉しいですよね。

あなたが書いた商品、お薦めしたモノが売れるんだから。

気持ち的には、少し自分が肯定された感じになるかもしれない。

 

…さらに、その商品を購入したお客さまから、

「この間の商品、美味しかったわよ」

「普段、食べないうちの娘もパクパク食べてたの!

 ほんとありがとう!」

なんてことを言われたら、、、?

 

もう、その日1日がノリノリになるかもしれない。

仕事に向かう姿勢もまるで変わってきそう、、、(僕だったら、確実に)

 

「次は何の商品をPOPに書こう?」

「どの商品をお薦めしよう?」

そんな気持ちにもなると思う。

あなたがお薦めした商品が売れないわけがない

  1. 手書きPOPを書く
  2. 商品が売れる
  3. お薦めする悦びを感じる
  4. 次の商品をお薦めしたくなる
  5. 新たな手書きPOPを書く

 今、お話しした手書きPOPが生み出す流れは、こんな感じです。

 

結果、自分があつかう商品のことをもっと知りたくなる。

もっと知って、お客さまにきちんとした情報(価値)を伝えたくなる。

  • 仕入元なのか?
  • 生産者さんなのか?
  • お客さまの声(反応)なのか?

今まで以上に、商品に関する情報に対して敏感になるはずです。

まさに冒頭でお伝えした、仕事に対して「スイッチが入った状態」になります。

 

ここまで気持ちが入った状態で手書きPOPを書くようになると、説得力が違う。

POPに限らず、接客にしてもそう。

売場でちょっとお客さまとコミュニケーションしたときに話す言葉。

明らかに伝わり方がこれまでと変わってきます。

 

 

そして、そんなあなたがお薦めした商品が売れないわけがない。

まさに最高の善循環です。

 

 

手書きPOPを書き出すと、

「仕事に向かう姿勢が変わる」

「まるでスイッチが入ったかのように、仕事が楽しくて仕方がなくなる」

 

これは決してウソでもなく、誇張している話でもありません。

僕自身が大阪の産直店でそうだったように、同じような方が僕のまわりにはたくさんいらっしゃいます。

 

手書きPOPはモノを売るというのが1番の目的だけど。

そのまわりには、

「いまの仕事をさらに楽しくしてくれる」

こんなメリットも隠れているのです。

あなたにも感じていただきたくて、今日の話をお伝えいたしました。

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。