手書きPOPに何を書けばいいのか分からない?ならば、、、

POPに何を書けばいいのか分からない、、、

もしも、あなたが思い悩んでいるのなら。

今日、これから伝える話を読んでみてください。

…何かヒントが見つかるはずだから。

「POPは無言のセールスマン」

どなたが言ったのか知りません。

だけど、じつに的を得たコトバだ、とつくづく思うんです。

先日も、ある惣菜店の店主さんとやりとりをしていて

あらためて実感。

臼井:「お店で1番売れているのは何なんですか?」

店主:「このお惣菜ですねぇ」

    (タケノコの煮物やキュウリの酢のモノの惣菜パックを指しながら)

    「これって、家で作ろうと思うと、結構面倒でしょ。

     わざわざコレ作っても、1人じゃあ食べきれないし。

     うち、1人世帯のお客さんが多いんで、これらを2、3種類買うと、楽しめるんですよね。」

     ・

     ・

     ・

こんな感じで話をさせてもらっていたんです。

・・・っで、話を聞きながら思った。

冒頭の言葉を。

「今、話してくれたようなことPOPに書いたらいいのに・・・

 結構響いたよねぇ」って。

POPを書くといいですよ、って言うと多くの方が

「何を書いたらイイのか分らない・・・」

という所で立ち止まってしまいます。

(そんな経験ないですか??)

もしあなたが、そのような思考になった時は、コレから話すことを思い出しましょう。

「POPに書くコトは何も特別なことじゃなくていいんです。

 普段、お客さんと話すことでOK。

 接客で1番使う会話を紙に書いたらいいんですよ」

ということです。

話すとスラスラ出てくるんだけど、書くとなったら止まっちゃう・・・

ほんと多いです、こういう方。

言葉尻とか気にしなくて大丈夫。

あなたの普段話す言葉をそのまま紙に。

楽な気持ちで紙に向かってみてくださいね。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。